2017年04月02日

2017年4月漫画購入予定

04.04 春河35 『文豪ストレイドッグス(12)』 角川書店
04.07 Cuvie 『ひとはけの虹(3)』 講談社
04.07 ヤスダスズヒト 『夜桜四重奏(20)』 講談社
04.08 豊田悠 『パパと親父のウチ呑み(1)』 新潮社
04.08 豊田悠 『パパと親父のウチご飯(6)』 新潮社
04.14 もとなおこ 『アンと教授の歴史時計(2)』 秋田書店
04.14 青木幸子 『ぴりふわつーん(1)』 芳文社
04.19 秋☆枝 『恋は光(6)』 集英社
04.21 幸村誠 『ヴィンランド・サガ(19)』 講談社
04.21 白乃雪 『あたりのキッチン!(1)』 講談社
04.24 冬目景 『空電ノイズの姫君(1)』 幻冬舎
04.28 深巳琳子 『ロッシとニコロのおかしな旅(1)』 小学館
04.28 川下寛次 『当て屋の椿(14)』 白泉社
04.下 那州雪絵 『魔法使いの娘ニ非ズ(7)』 新書館

先月は少なかったけれど,今月はほぼいつも通りかなあ。
『魔法使いの娘ニ非ズ』は最終巻。
連載を追いかけていないので,どういう結末を迎えるのか楽しみ。
大好きなシリーズなので続篇も期待したいんだけどなあ。
『パパと親父のウチ呑み』は『パパと親父のウチご飯』の番外篇。
個人的には此方の方が好みかもしれません。
『ロッシとニコロのおかしな旅』は待望の単行本化。
中世ヨーロッパの旅物語に早く浸りたいものであります。
切ない恋模様が動き出す『恋は光』も楽しみ。
まあ,連載で或る程度は追いかけているのですけれどね。
雑誌を含めて感想書きを徐々に再開していきたいと思います。
posted by 森山樹 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2017年04月01日

購入記録(2017.04.01)

santa アマガミLS〜はるかAnother〜 エンターブレイン ¥734
水谷フーカ 14歳の恋(7) 白泉社 ¥771

『アマガミLS〜はるかAnother〜』は原作が高山箕犀ということで購入。
ほぼ公式的な作品という認識でいいのかな。
『セイレン』も漫画化されたら読みたいと思います。
アニメだとあまり触れる気がしないのだけれどね。
『14歳の恋』は相変わらず揺れ動く心情がたまらなく良い。
長井くんと日野原先生のふたりが素敵です。
どういう帰結を迎えるのか楽しみでなりません。

〈2017年漫画購入覚書〉 計50冊
posted by 森山樹 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月25日

購入記録(2017.03.25)

いけだたかし 時計じかけの姉(1) 幻冬舎 ¥680

『ささめきこと』『34歳無職さん』のいけだたかしの新作ということで購入。
これまでとは異なる雰囲気が面白そう。
不道徳は望むところであります。
しかし,槻城ゆう子の『召喚の蛮名』が全然見つからなくて困っています。
web通販をするのが一番確実かなあ。
単に店頭で見逃している可能性も多分にあるんだけど。

〈2017年漫画購入覚書〉 計48冊
posted by 森山樹 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月19日

購入記録(2017.03.19)

施川ユウキ バーナード嬢曰く。(2) 一迅社 ¥688
施川ユウキ バーナード嬢曰く。(3) 一迅社 ¥688
志水アキ 絡新婦の理(4) 講談社 ¥463
椎名高志 絶対可憐チルドレン(48) 小学館 ¥463
カガノミハチ アド・アストラ(11) 集英社 ¥648

『バーナード嬢曰く』はすっかりお気に入り。
本読み共感系漫画として得難い存在です。
ド嬢がすっかり読書好きになったのが嬉しい。
何はともあれ,本好きとはめんどくさい種族だなあと思います。
『絡新婦の理』はこれが最終巻。
連載誌の休刊の煽りを喰らったのか駆け足だったのが残念。
大好きな作品だけにじっくり描いて欲しかったです。
次は『鉄鼠の檻』とのこと。
原作本篇の続きもいい加減に読みたいものでありますね。

〈2017年漫画購入覚書〉 計47冊
posted by 森山樹 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2017年03月13日

購入記録(2017.03.13)

麻生みこと アレンとドラン(1) 講談社 ¥463
施川ユウキ バーナード嬢曰く。(1) 一迅社 ¥432

『アレンとドラン』は麻生みことの新作ということで購入。
内容については全く把握しておりません。
まあ,安定の作者だけにきっと面白い筈。
『バーナード嬢曰く』は以前から興味があった作品。
本読みあるあるを描いた作品っぽいので楽しめるのではないでしょうか。
自分が本読みであるというのは烏滸がましいのですけれども。

〈2017年漫画購入覚書〉 計47冊
posted by 森山樹 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録