2015年10月27日

月刊アフタヌーン2015年12月号



〈波よ聞いてくれ〉
 流されて光雄とがっつり遊んでしまうミナレが可愛い。オータムフェストで昼間から飲んだくれるのが羨ましいです。札幌のオータムフェストは憧れのイベントだものなあ。とは言え,ふと目にした証拠から推理を組み立てるミナレが凄い。というか,女性は怖い。結果的には光雄とは決別に至ったので良かったかなあ。しかし,加工豚と加工猿という名前は酷いなあ。楽しい。

〈げんしけん二代目〉
 日光旅行篇もいよいよ佳境に突入。矢島の想いを知った波戸の動揺が意外に好意的。というか,本音のぶつかり合いが切ないです。腐女子である矢島を恋愛対象として見ることは可能だという波戸の発言は今後に繋がるのかな。さて,斑目を巡る攻防も後はスーと波戸に絞られた感じかしら。どうなるんでしょうね,本当に。

〈パラダイスレジデンス〉
 理事長代行による第一女子寮取り壊しの決断を受けて,それぞれに行動に出る寮生たちが楽しい。ミンチン先生が意外に焚き付けているように思えるのは面白いところ。彼女の言を見るに腹案を抱えていそうではありますけれども。理事長代行への接待が失敗した今,次なる作戦に期待したいと思います。

〈ヴィンランド・サガ〉
 ヒルドの過去篇が終わり,トルフィンとの死闘が再開。エイナルの乱入が如何なる方向へと進むのか楽しみ。しかし,弩を連射出来るように自作するヒルドの製作力の高さは素晴らしいですね。或る種の天才でありましょう。トルフィンからかつて言われた言葉を返すヒルドの表情が悲しいなあ。何とか,いい方向に変わって欲しいのですが,ヒルドの気持ちも痛い程に分かってしまうのですよね。如何なる帰結を見る事かなあ。

〈マージナル・オペレーション〉
 敵対組織との交渉を経て無事に出国することに成功したアラタたち。新たな行先はタイということになりますが,敵対組織の構成員が4人同行するというのはどうなんだろう。このあたりの交渉の妙にのんびりした感じが楽しいです。どちらも平気で人を殺す人たちですけれどね。日本篇はこれにて終了。新たな舞台での戦いが始まります。それはともかくラマノワのスクール水着姿の破壊力は最高でありました。イトウさんも好みなのですけれどね。

〈宝石の国〉
 月人の矢に貫かれ,体を両断されるフォス。戦闘不能となったフォスを護ってのゴーストの奮闘が切ない。もうひとりのゴーストの登場が如何なる意味を齎すのか楽しみです。しかし,全身を月人の矢で削ぎ落とされたゴーストの姿があまりに痛々し過ぎます。

〈天地明察〉
 最終回。様々な人々の想いを背負って,遂に改暦の儀に漕ぎ着けた春海。おことや山崎闇斎の姿がたまりません。勿論,伊藤さんと建部さんの懐かしい姿もね。静かに祝杯を掲げる関孝和の姿も印象的でありました。村瀬さんもいい味を出していたなあ。最後が再びの関孝和との算額絵馬での真剣勝負というのも良かった。原作とは異なりますが,こういった終わり方もまた相応しいものに思えます。存分に楽しませて頂きました。大満足であります。
posted by 森山樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年10月25日

月刊@バンチ2015年12月号



〈軍靴のバルツァー〉
 バルツァーとユルゲンの遭遇。士官学校へ戻るバルツァーに動向を余儀なくされるユルゲンの思惑が気になります。一方,その士官学校では王政を廃止するとのアウグスト王子の真意が示されました。そして,そのアウグストに対して兄テオドールからは最後通牒が。事態が急変する中でバルツァーが如何に動くのか楽しみです。

〈ブルーサーマル〉
 倉持との飛行から無事に帰還したたまき。その圧倒的な戦果は誰をも驚愕させます。但し,阪南館大に所属するたまきの姉はその倉持に疑念を抱きます。山岳滑翔の経験があまりに豊富過ぎる倉持の真相が気になるところです。

〈応天の門〉
 魂鎮めの祭りが開始。長谷雄とともに祭りに興じる白梅が実に可愛い。一方で藤原基経の起案による祭りに疑念を抱く業平。そして,伴豊城が藤原良房を狙って放った一本の矢が事態に混乱を招きます。更には基経の酒を仰いだ伴善男が吐血するなど混迷の一途を辿る魂鎮めの祭りの行く末は大変気がかり。基経の意向も未だに判然としないですしね。

〈パパと親父のウチご飯〉
 晴海が担当する漫画家の物語。珍しく千石が全く物語に関わってきません。これはこれで新鮮で面白いかな。漫画に対しては熱い晴海の姿が印象的でありました。揚げたての天麩羅食べたくなりますね。

〈STO:RAGE〉
 十五年前の事件の端を発すると思われる猟奇殺人事件。そこに関わるのは太陽の会という強大な思想集団でありました。きな臭い情報ばかりが集まる中で新たに発生した殺人事件。そこには伝播する奇怪なベトナム民謡が大きく関わってきます。物語がかなり大きくなってきましたが,その中でE-BITが如何に事件に携わるのか注目です。

〈エリア51〉
 鵺の襲撃を受けるマッコイとアマテラス。妖怪たちの伝播網により,ツクヨミまで情報を届けるマッコイの機転が素晴らしい。その鵺をもってアマテラスの命を狙う張本人はエジプト神族のアヌビスであることが判明しました。とは言え,現段階ではアヌビスの真意は謎のまま。日本神族とエジプト神族の全面抗争ということにはならないと思いますが,エリア51を揺るがす事件にはなっています。如何なる決着となるのか楽しみです。
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年10月21日

月刊ウルトラジャンプ2015年11月号



〈レディ&オールドマン〉
 オノ・ナツメの新連載。因みにこの方の漫画を読むのは今回が初めて。以前から,その独特の絵柄には興味があったのですが,なんとなく読む機会を逸していました。1960年代のアメリカを舞台とした物語が描かれます。100年間収監されていた元囚人と少女の出逢いが如何なる物語を織り成すのか楽しみ。暫く読んでみたいと思います。

〈PEACE MAKER〉
 コール・エマーソンとハイマン・エルプトンの第二試合が開始。仕事仲間ではなく決闘相手として対峙するふたりに燃えます。アクアタルカスを追われた後のハイマンの軌跡も興味深い。彼が恩人と語るパン・ジェシンの正体も意外でありました。この出逢いがハイマンに如何なる変化をもたらしたのか楽しみです。流石にコールに勝つことは出来ないだろうけれど,生き残って欲しいなあ。

〈アリアドネの冠〉
 ロレンツォの許嫁候補としてメディチ家で同居することになったスティラ。ロマの出自ということで様々な波乱が待ち受けていそうですが,スティラには別の目的がある模様。とある絵を巡る物語ということが予告されましたが,如何なる方向に進んでいくのか楽しみです。そして,ダヴィンチ村からの新たな人物が登場しました。彼の登場も物語を混乱させそう。暫し休載となるのが残念です。早期の再開を期待します。

〈長歌行〉
 様々な真実が明らかになり,物語が終局に近付いていることを予感させます。それぞれの血の因縁が苦しい。阿史那隼と母との永遠の別れは切ないものがありました。吉利発と長歌の出逢いもなんとなく悲劇性を予感させるのが怖い。全てが幸せになる結末を望みたいものです。

〈アド・アストラ〉
 遂に執政官代理の座を得たスキピオ。名将として歴史に燦然たる勇名を残す彼の歩みが始まります。向かうは父と伯父が戦死した地であるイベリア半島。そこにはハンニバルの弟ハッシュとヌミディア王子マシニッサが待ち受けています。マシニッサの登場はやはり燃えます。如何なる活躍を見せてくれるのか楽しみでなりません。ファビウスとマルケルスの老雄ふたりも素敵ですねえ。

〈恋は光〉
 西条を巡る女性三人の状況が更に混沌化してきた気がします。それぞれの噛み合わない思惑が楽しい。一番俯瞰的に状態を捕えているのは北代さんなんだろうけれどね。西条の彼女のふりを申し出る北代さんの心情は切な過ぎます。しかし,完全に宿木さんが可愛い乙女になっているなあ。打算的に過ぎる部分はあるけれども。

〈黒田さんと片桐さん〉
 編集ネタが切れて,ぐだぐだの回。というか,毎回だいたいこんな感じだけれども。この緩い雰囲気が大好きであります。次回で最終回というのが惜しい。まあ,あんまり長く続けられる作品でもないでしょうからね。頃合いかなという気はします。好きな作品ではあるのですけれども。
posted by 森山樹 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年10月18日

ハルタvolume.28



〈乙嫁語り〉
 ダンゴムシになったパリヤさんが可愛過ぎる。ウマルの行動に困惑を隠せないあたりが本当に可愛いです。新たに登場のカモーラさんと友達になったのは重畳。アミルとカモーラさんを目標に理想の女性を目指すパリヤの今後が楽しみです。今のままで十分に魅力的ですけれどね。カモーラさんは更なる花嫁候補となるのかしらね。いい子過ぎるくらいにいい子です。

〈ダンジョン飯〉
 レッドドラゴンを倒す為の計画を練る一行。しかし,そんな中でマルシルがウンディーネの襲撃を受けて負傷してしまいます。更に魔力まで枯渇してしまう始末。この危機的な状態にかつての仲間が絡んできそう。ちょっとした波乱の予感がします。今回の料理はケルピーの焼肉。ひたすらレバーのみを与えられるマルシルが可愛そうでした。栄養価は高いんだけどね。

〈碧いホルスの瞳〉
 ワワトの賤民奴隷とシェプストの片時の触れ合いが切ない。アメン神官とは今後もことあるごとに対立することになるのでしょう。今回登場のハプスネブはセンムトと並ぶハトシェプストの側近だった筈。新たな敵と仲間とが登場したことになります。どうなることか。

〈ふしぎの国のバード〉
 日光を越えて会津道へと足を踏み入れたバードと鶴吉。そこは日本を旅慣れた鶴吉までもが困惑する極貧の地域でありました。その現実を目の当たりにして自信を失う鶴吉とそれを見守るバード。ふたりの間に確かな信頼関係が生まれていることが実感できるお話でした。しかし,あそこまで虫が徘徊する宿は自分には無理だなあ。

〈ストラヴァガンツァ〉
 鬼戎族に捕らわれたビビアン女王。その絶望感が凄まじい。幾ら勇敢であると言っても,うら若き乙女なのですから,それも宜なるかな。しかし,黒尾人のエヌエヌ衛士長の活躍で無事に救出されたのは重畳。そこにベッペ・モロからの情報があったのが面白いです。但し,鬼戎族の追撃を受けて逃げ込んだノーラスタは既にエシンに蝕まれた町でありました。

〈狼の口〉
 ウーリーとウンターヴァルデンからの援軍の到着をカタリーナ城のハインツに告げる為に疾走を続ける伝令3人。しかし,彼らが目にしたのは無残に落城したカタリーナ城でした。更に伝令のカールとベンヤミンはハプスブルクに捕えられてしまいした。状態を報告する為に戻ったフォイクトが戦いの鍵を握るのかな。いよいよモルガルテンの戦いに突入であります。

〈織子とナッツン〉
 二ノ宮先輩と岬先輩の甘い関係がたまらない。ナッツンたちに見られて動揺する二ノ宮先輩も眼福でありました。さびれた和菓子屋さんを盛り上げる為にハムハムたちが大活躍。それはともかくあんみつちゃん姿の二ノ宮先輩が最高でした。

〈ルドルフ・ターキー〉
 夏の終わりを告げるカンティーフェアを舞台とした切ない物語。ルドルフとラパン姐さんの関係が少し前進したのは重畳ですが,それはまたモモコにとっては喜ばしくも悲しい出来事。涙するモモコの頭に手を置くペイルの姿が印象的でした。ギル・ゴートから花束を贈られて喜ぶハミングバードも印象深い。そして,完全に枠外のヴェオがいい味を出しています。
タグ:ハルタ
posted by 森山樹 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年10月15日

ネメシス 2015 OCTOBER #24 



〈ジャバウォッキー1914〉
 今回は青島での戦いを離れて,2年前にリリーの戦いが描かれます。敵は有刺鉄線を駆使する殺人学教授。恐竜としての種族は不明ですが,ステゴサウルスかなあ。有刺鉄線で緊縛されたリリーは作者の悪魔との契約のアレですかね。番外篇ということですが,リリーの戦い方はやはり好み。次回はシェルティとサモエドの戦いが描かれるようです。

〈ひとはけの虹〉
 1609年のアントワープに転移したラファエロはルーベンスの工房を訪れます。そこで己の未来を知るラファエロが悲しい。とは言え,ルーベンスのモデルを務める少女ヤーナとの邂逅は或る種の運命を感じさせるものでありました。この出逢いが如何なる物語を紡ぐのか楽しみです。

〈猫まち主従〉
 クリスマスを楽しむダオ主従が可愛い。もてるクロスケにやきもきするダオ様が素敵です。まあ,いつも通りに内容はないのだけど,ダオ様が可愛いから許せる気がします。
タグ:ネメシス
posted by 森山樹 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想