2019年07月22日

2019年前半を振り返って

購入数は99冊で,読了数は81冊。
読了数のうち57冊は感想を書いています。
久しぶりに真面目にブログを更新出来ているのが嬉しい。
この状態を常態化させたいものであります。
何かと多忙ではあるのですけれどね。

以前と比べて読書傾向は然程変わってはいない筈です。
購読する漫画雑誌はハルタのみとなってしまいました。
愛読していた漫画の連載が終わってしまったのが原因です。
特に連載を追いたいという作品もあまりないですしね。
まあ,今後新たに購読する漫画雑誌も登場するかもしれませんが。

敢えて印象に残った作品を挙げると以下の通り。
COCO 『今日の早川さん』
和月伸宏 『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚・北海道篇』
ゆでたまご 『キン肉マン』
入江亜季 『北北西に曇を往け』
相田裕 『1518!』
ゆうきまさみ 『新九郎,奔る!』
紫堂恭子 『逃げる少女〜ルウム復活暦1002年〜』
大西巷一 『乙女戦争』

フス戦争を描いた『乙女戦争』は遂に完結。
いろいろな想いはありますが,先ずは最後まで描き切ったことに感謝を。
あまりに人が死に過ぎたという感は,しかし史劇では仕方がないことでありましょう。
同じことは現在進行中の『新九郎,奔る!』にも言えることであります。
『1518!』は眩しい青春活劇として素直に楽しめました。
今後も機会があれば描く可能性があるかもしれないとのこと。
その日が現実となるのを楽しみに待ちたいです。
『逃げる少女』は『辺境警備』とほぼ同時代を舞台とした作品。
これまでのところはやや暗めの展開ですがどうなることか。
呪術師カイルの登場は嬉しかったです。
隊長さんや神官さんも出てこないかなあ。
『キン肉マン』は熱い展開が続きます。
此処に来て更に熱気が最高潮というのが凄まじい。
常に最盛期を更新しているような気がしますね。

2019年後半も前半の勢いを維持していきたいもの。
先ずは見えてきた年間100冊の感想を目指したいと思います。
積んでいる漫画も相応に多いので,減らしていきたいもの。
また,ブログとは直接関わりはありませんが,蔵書の整理も進めたい。
或る意味ではこれが一番の懸案なのですよね。
何とかこの一年は最低でも現在の更新頻度を保つつもりです。
posted by 森山樹 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186310582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック