2016年02月21日

月刊ウルトラジャンプ2016年3月号



〈もののがたり〉
 対付喪神用の服を入手すべく試練に立ち向かう兵馬。一方ではその兵馬を巡るぼたんと椿の女の戦いが始まりそうな予感があります。兵馬の成長が垣間見られたという点においてはなかなか意義深い回でありました。この装備は今後役に立ってくれることでありましょう。

〈PEACE MAKER〉
 コール・エマーソンとスティーブ・バケットの死闘に決着。スティーブ・バケットの猛攻を躱しながらも銃弾を再装填するコール・エマーソンが格好いい。最後は呆気なかったけれど,これでよいのでありましょう。そのコールへの挑戦権を賭けたホープとニコラの戦いがいよいよ始まります。

〈恋は光〉
 それぞれの恋模様が描かれるのが興味深い。「光」が見える女子高生・央の描写が少し詳しく描かれたのは面白い。今後物語に絡んでくることになるのでしょう。北代さんの報われなさは相変わらず不憫。一番好きなのですけれどね。一方で藤本から告白をされた東雲さんの反応も楽しい。いろいろと物語が動きそうです。

〈レディ&オールドマン〉
 ロブの素性の一端が明かされる回。刑務所時代のロブを知るハリーの登場は面白い。そして,やはりロブは冤罪であった可能性が高まりました。その鍵を握るのはロブの弟の模様。ロブの不老不死の秘密も含めて興味深いです。

〈ぎんぎつね〉
 まことの母である由子の命日と言うことで,その想い出が語られます。由子と銀太郎の関係も素敵。物語としてはこのところ全く動いていないのですけれどね。

〈アド・アストラ〉
 カルタゴ・ノヴァをスキピオに奪われたハンニバルが標的としたのはローマの剣ことマルケルス。不用意に実地検分に赴いたマルケルスを急襲したハンニバルの知略は流石の一言。この窮地の中でマルケルスが如何なる死闘を見せるのか注目です。
posted by 森山樹 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174152867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック