2016年02月08日

水谷フーカ『この靴しりませんか?』

〈2016年漫画感想7冊目〉
水谷フーカ『この靴しりませんか?』


 水谷フーカの微百合作品短篇集。女の子と女の子の出逢いが描かれる5篇と描き下ろしの掌編が掲載されています。いずれも童話やおとぎ話を材に取った作品というのが非常に好み。作者独特の柔らかさに溢れる物語が大変魅力的です。下手に濃厚さがなく淡い印象となっているのも個人的には好み。これくらいの距離感が素敵に思います。幾らでも泥沼に出来そうな題材もあるけれど,いずれも爽やかさに満ちているのは作風といってよいのでしょう。恋に落ちた時に頭を巡るぐるぐるした想いを描かせると水谷フーカに叶う作家はそうはいないように感じます。というか,あまり百合らしさを感じなかったというのは事実。普通に女の子同士の友情,或いは友情とは少し違う慕情を描いた作品として楽しみました。何をもって百合とみなすかというのは難しいところではありますが,結果的には直感というところなのでありましょう。その意味では百合であったとしても,あくまでも微百合に留まっているように感じました。勿論,それが物語の面白さを損ねるわけでは全くありません。寧ろ,そういう頸木を付ける方が不幸に感じてしまいます。

 収録されている5篇+αの中では表題作が一番好み。ふたりの擦れ違いのもどかしさがたまりません。靴子さんに出逢おうとする千晶が実に可愛らしかったです。それを見守る歯医者さんのお姉さんもいい味を出していました。「オオカミの憂鬱」は赤ずきんを材に取った作品。赤ずきんに翻弄されるエレベーターガールの隆子さんの逡巡が楽しいです。狩っていたつもりが狩られていたというのは定番ですが,やはり好み。「雪のお姫さま」は一方通行の想いが切ない。人見知りだけれど強気で小柄な真奈は全作品を通じても一番好きな女の子かもしれません。真奈の想いがいつか伝わればいいのですけれども。相手が悪い気がしないでもありません。「わたしのアヒルの子」は地味な娘が化粧をすることで一気に華やかになるというのはやはり定番でありましょう。幼馴染の美加と千穂が親友から一歩前に進んでいく感じがたまらなく好み。「はみだし音楽隊」は男の娘を含めた4人の物語。ちょっと登場人物が多いように感じたけれど,元がブレーメンの音楽隊なので仕方がないところか。「その後の音楽隊」で多少は補完されているのが嬉しいです。ロバートが存外にいい男でした。報われていない気もするけれども。「金の靴 銀の靴」は「この靴しりませんか?」を靴子さんの側から見た掌篇。「curtain call」は全員が登場する楽しい作品。「この靴しりませんか?」の歯医者のお姉さんの物語にもなっています。こういう賑やかな雰囲気のお話は大好きです。

 女の子の同士の友情と慕情を描いた作品として素直に楽しむことが出来ました。生々しさがないので或る種のファンタジィとして十分に満足することが出来ます。個人的にはこれくらいの塩梅が一番心地良く感じます。一番いいところで寸止めしているといった雰囲気でありましょうか。その後のふたりが気になるお話ばかりではありますが,それが「curtain call」で一定の回答を提示してくれているのが嬉しいところ。爽やかで小気味のいい短篇集として十分過ぎる程に楽しませていただきました。良かったです。

(白泉社 2016年)

タグ:水谷フーカ
posted by 森山樹 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173700124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック