2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 小学館(35冊)
2位 集英社(28冊)
3位 講談社(25冊)
4位 秋田書店(17冊)
5位 白泉社(16冊)
6位 新潮社(15冊)
7位 徳間書店(13冊)
7位 エンターブレイン(13冊)
9位 芳文社(12冊)
10位 角川書店(10冊)

 2015年に購入した漫画を出版社別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。なお,個人的な趣味で角川書店とメディアワークス,エンターブレイン等は別枠で集計しています。

 上位3社は定番でありましょう。小学館が一番多かったのはちょっと意外。講談社の方が多いと思ったのだけれどなあ。集英社は或る程度予想済み。月刊ウルトラジャンプを購読している影響もあったかと思います。まあ,講談社は月刊アフタヌーンを買っているし,小学館は全く雑誌を買っていないのでいい加減な先入観ではありますけれども。4位の秋田書店は〈聖闘士星矢〉の影響に因るところが大きい。5位の白泉社はもう少し多いかと思っていました。6位の新潮社は如何にも自分らしいと思います。月刊@バンチは結構いい雑誌だと思うのですけれどね。もう少し人気が出てもいいのに。分けた所為もあって角川書店勢はやや順位が下になっています。その中でもエンターブレインが一番多いのが面白い。芳文社の意外な多さも自分らしいと思います。4コマ漫画の購入は少ないのですけれどね。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。上位3社の顔触れが変わることは,先ずないと思いますけれどね。やっぱり出版量が圧倒的に多いですから。
posted by 森山樹 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172246147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック