2015年11月24日

月刊@バンチ2016年1月号



〈軍靴のバルツァー〉
 王立士官学校包囲戦は内紛によって惨劇の様相を見せてきました。何というか,絶望的な状況であります。そんな中で懸命に陣を立て直そうとするバルツァーの教え子たちが格好良い。そして,気球で現れるバルツァーがまた素敵過ぎます。この戦局を如何に打破するか期待します。

〈ブルーサーマル〉
 阪南館大学との交流戦終了。倉持さんへの想いを自覚するたまきに,そのたまきを想う空知と人間関係が混沌としてきました。問題の倉持さんはたまきの姉のちづると交際しているみたいなのですけれども。そして,たまきは空知とともに新人戦の代表に選ばれました。更なる飛躍となるのか楽しみです。

〈パパと親父のウチご飯〉
 愛梨と清一郎の魚嫌いを克服する為に悪戦苦闘する千石と晴海が楽しい。相変わらず,きちんと父親をしているのが素敵です。しかし,水族館に連れて行ったら余計に食べ難くなるのではないかしらね。鰯の蒲焼は大好き。御飯が進みますよねえ。

〈応天の門〉
 魂鎮めの祭で藤原基経に毒を盛られた伴善男。悶絶する父を救うべく伴中庸は道真の知恵を借りるべく頭を下げます。政に関わることを避け,一度は断る道真でしたが,結局は父の命もあって伴善男を助ける為に尽力することになります。しかし,その毒を調達したのが道真の師である島田忠臣というのが皮肉。このあたりの展開は目を離せません。

〈ウロボロス〉
 実父であることが判明した仇敵・北川貴一郎警視総監に銃を突きつけるイクオ。しかし,公安の襲撃を受けて竜哉とは一旦別れることになります。公安と激烈な戦いを竜哉が繰り広げる一方で,イクオは北川警視総監に刺されて重傷を負います。朦朧とする意識の中で結子先生の最後の言葉を思い出したイクオは竜哉を護る為に再び立ち上がりますが,窮地は変わらず。この絶望的な状態はかなり厳しい気がするのですが。美月か蝶野の出番かなあ。

〈猫とふたりの鎌倉手帖〉
 ふたりでボードゲームをする片桐くんと美穂子さんが素敵。人生ゲームもダイヤモンドゲームも懐かしいです。猫の傍で遊ぶジェンガは流石に心臓に悪そうです。相変わらず,美穂子さんの可愛らしさが素晴らしいお話でありました。

〈STO:RAGE〉
 事件の中心に青葉がいることが判明。しかし,何故青葉の記憶を盗んで利用しようとしているのかまでは分かりません。霊眼島事件の真相が大きく関わってくるのでしょう。太陽の会が企てる15年前の再現という言葉が不穏です。そして,新城さんまでもが感染する事態に。次回クライマックスと書いてあるけれど最終回なのかしら。きちんとまとまるか不安です。

〈エリア51〉
 追撃するヌエから逃亡を図るマッコイとアマテラス。一方でエジプト神族のラーとアヌビスも方針を巡って対峙。日本神話とエジプト神話の全面対決が迫る中でまさかの急展開に愕然としました。嘘だと思いたい。この出来事が如何なる行く末を示すのか分かりません。彼女が抱えていた秘密が明かされる日は来るのかな。エリア51を揺るがす事件となりそうです。個人的には過去の物語を踏まえてのラーの台詞に痺れました。あんま人間失望させんな!
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168489801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック