2015年10月18日

ハルタvolume.28



〈乙嫁語り〉
 ダンゴムシになったパリヤさんが可愛過ぎる。ウマルの行動に困惑を隠せないあたりが本当に可愛いです。新たに登場のカモーラさんと友達になったのは重畳。アミルとカモーラさんを目標に理想の女性を目指すパリヤの今後が楽しみです。今のままで十分に魅力的ですけれどね。カモーラさんは更なる花嫁候補となるのかしらね。いい子過ぎるくらいにいい子です。

〈ダンジョン飯〉
 レッドドラゴンを倒す為の計画を練る一行。しかし,そんな中でマルシルがウンディーネの襲撃を受けて負傷してしまいます。更に魔力まで枯渇してしまう始末。この危機的な状態にかつての仲間が絡んできそう。ちょっとした波乱の予感がします。今回の料理はケルピーの焼肉。ひたすらレバーのみを与えられるマルシルが可愛そうでした。栄養価は高いんだけどね。

〈碧いホルスの瞳〉
 ワワトの賤民奴隷とシェプストの片時の触れ合いが切ない。アメン神官とは今後もことあるごとに対立することになるのでしょう。今回登場のハプスネブはセンムトと並ぶハトシェプストの側近だった筈。新たな敵と仲間とが登場したことになります。どうなることか。

〈ふしぎの国のバード〉
 日光を越えて会津道へと足を踏み入れたバードと鶴吉。そこは日本を旅慣れた鶴吉までもが困惑する極貧の地域でありました。その現実を目の当たりにして自信を失う鶴吉とそれを見守るバード。ふたりの間に確かな信頼関係が生まれていることが実感できるお話でした。しかし,あそこまで虫が徘徊する宿は自分には無理だなあ。

〈ストラヴァガンツァ〉
 鬼戎族に捕らわれたビビアン女王。その絶望感が凄まじい。幾ら勇敢であると言っても,うら若き乙女なのですから,それも宜なるかな。しかし,黒尾人のエヌエヌ衛士長の活躍で無事に救出されたのは重畳。そこにベッペ・モロからの情報があったのが面白いです。但し,鬼戎族の追撃を受けて逃げ込んだノーラスタは既にエシンに蝕まれた町でありました。

〈狼の口〉
 ウーリーとウンターヴァルデンからの援軍の到着をカタリーナ城のハインツに告げる為に疾走を続ける伝令3人。しかし,彼らが目にしたのは無残に落城したカタリーナ城でした。更に伝令のカールとベンヤミンはハプスブルクに捕えられてしまいした。状態を報告する為に戻ったフォイクトが戦いの鍵を握るのかな。いよいよモルガルテンの戦いに突入であります。

〈織子とナッツン〉
 二ノ宮先輩と岬先輩の甘い関係がたまらない。ナッツンたちに見られて動揺する二ノ宮先輩も眼福でありました。さびれた和菓子屋さんを盛り上げる為にハムハムたちが大活躍。それはともかくあんみつちゃん姿の二ノ宮先輩が最高でした。

〈ルドルフ・ターキー〉
 夏の終わりを告げるカンティーフェアを舞台とした切ない物語。ルドルフとラパン姐さんの関係が少し前進したのは重畳ですが,それはまたモモコにとっては喜ばしくも悲しい出来事。涙するモモコの頭に手を置くペイルの姿が印象的でした。ギル・ゴートから花束を贈られて喜ぶハミングバードも印象深い。そして,完全に枠外のヴェオがいい味を出しています。
タグ:ハルタ
posted by 森山樹 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165957706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック