2015年09月26日

都戸利津『嘘解きレトリック(5)』

〈2015年漫画感想23冊目〉
都戸利津『嘘解きレトリック(5)』


 昭和初年を舞台とした路地裏探偵活劇の第5巻。今巻も日常の謎を追いながら,左右馬と鹿乃子,そして周囲の人たちの優しい生活が描かれます。今後に尾を引きそうな物語があったのも面白い。また,鹿乃子の母親の登場も大きかった。互いに優し過ぎて不器用なふたりが微笑ましいです。擦れ違いから生じた蟠りが解消されたのが嬉しい。素敵な女性でありますので,再登場も期待したいもの。また,相変わらず登場する食べ物が実に美味しそう。特に冒頭の茄子尽くし料理はたまらないものがありました。焼き茄子と油揚げの生姜丼が食べたいです。ミステリィとしては物足りない部分もありますが,物語は素敵なものばかり。嘘を聞き分けることが出来る鹿乃子の能力が上手く機能しています。或る種の心障でもあったその能力を上手に扱えるようになったことに安堵します。左右馬との出逢いは本当に僥倖というべきでありましょう。そういえば,馨の出番が全くなかったのは残念かなあ。

 収録されているのは全部で5話。但し,第二十二話と第二十三話,第二十四話と第二十五話は連続しているので,事実上はみっつの物語ということになります。どれも素敵な物語ばかりですが,やはり鹿乃子に母親が会いに来るお話が一等好き。最後の鹿乃子の満面の笑顔がたまりません。花が咲いたような,という比喩を使いたくなってしまうくらい。これで鹿乃子の心の片隅に残っていた淀みは解消されたということになるのでしょう。また,お食事亭くら田に姿を見せる怪しい客の正体を追う第二十一話は如何にも本作らしい事件に思えます。ミステリィとしては他愛もないのだけれど,この優しい視線がたまらなく好き。気遣い屋の紅子さんが可愛過ぎます。是非ともこのまま九十九町に居ついて,折に触れては顔を覗かせて欲しいものです。そして,第二十四話と第二十五話は駆け落ちした名家の娘の遺児に纏わる物語。今巻唯一の探偵ものといっていい感じがします。娘への母の想いが途切れていた縁を再び結び直すというのが素敵です。そして,注目したいのは鹿乃子の嘘を聞き分ける能力に気付いているかのように思える謎の青年の登場。決して単なる悪党には思えないのですが,遺児を騙っていたのは事実。とは言え,遺産が目的という風にも見えませんでした。また,真実の遺児が見つかった際に彼が発した言葉に嘘がなかったことは間違いありません。いずれにせよ,今後の再登場を楽しみにしたいと思います。物語には殆ど絡まなかったけれど,美禰子さんの可愛らしさも秀逸でした。迂闊なところも含めて大変好み。彼女の再登場もぜひお願いしたいものです。

 相変わらずの優しい雰囲気がたまらなく素敵な巻でありました。鹿乃子の蟠りに決着がついたのも良かった。これで鹿乃子篇は一応の終了ということで,今後は左右馬篇へと移行するようです。確かに左右馬はまだよく分からない部分が多いですからね。複雑な過去を背負っているようにも見受けられますけれども。左右馬が中心になるということで馨と雅の端崎姉弟の活躍も十分に有り得そう。特に左右馬が苦手とする雅は素敵な女性なので,その働きを楽しみにしたいと思います。いずれにせよ,鹿乃子篇が左右馬篇になったからといって,物語の雰囲気は変わらぬ筈。これまでどおりの優しい物語を期待します。
タグ:都戸利津
posted by 森山樹 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164400462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック