2016年02月18日

ネメシス 2016 FEBURARY #26

〈ひとはけの虹〉
 ルーベンス篇はこれで終わりかなあ。ラファエロとヤーナの結末はこれでよかったのだと思います。時代も場所も違う恋である以上,仕方ないことでありましょう。残念だったのは下書きでの掲載の箇所があったこと。これなら休載にして貰う方が諦めが付きます。

〈ジャバウォッキー1914〉
 嘉納治五郎対岸壁卿パグ,リリー・アプリコット対クーン師の二局の戦いが熱い。勿論,サモエドとシェルティも事態打破に奮闘しています。とは言え,決め手に欠くのも事実。此処からふたりが如何に解決策を導き出すか楽しみです。何と言っても,嘉納治五郎の格好良さが秀逸。リリーの百戦錬磨の戦いぶりも素敵です。次回で青島篇は完結とのこと。如何なる帰結を見るか期待せざるを得ません。
タグ:ネメシス
posted by 森山樹 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想