2016年01月23日

月刊ウルトラジャンプ2016年2月号



〈もののがたり〉
 新連載。というよりも,ミラクルジャンプからの移籍作品のようです。今回が初めてとなりますが,存外に雰囲気は悪くない。京都が舞台で付喪神が題材というのははっきり好み。既刊分も購入してしまいました。これから追いかけて行こうと思います。好みは勿論羽織であることは言うまでもありません。

〈Moira〉
 連載2回目。Sound Horizonの楽曲を漫画化するというのは面白い。物語としてはまだ始まっていませんけれども。ミーシャとエレフの双子の運命が織られるのでありましょうか。世界観としてはギリシア神話を思わせます。ちょっと追いかけてみたい作品です。

〈レディ&オールドマン〉
 ロブとシェリーの最初の依頼が終了。一応丸く収まったと言えるのかな。100年前の紳士と現代の少女の組み合わせの妙が素晴らしいです。ロブの背景は徐々に明かされていくのでありましょう。その不死の秘密が物語の主軸となるのかな。

〈PEACE MAKER〉
 コール・エマーソンとスティーブ・バケットの死闘開始。アトラ,ハイマンとの連戦の後だけに分が悪いのはコールの方でしょうか。しかし,手負いとは言ってもあのコールを圧倒するスティーブ・バケットの強さも圧巻。ホープの応援で息を吹き返したコールが如何に反撃に転じるかが楽しみ。ふたりの殺し合いの決着に期待せざるを得ません。

〈アド・アストラ〉
 カルタゴ・ノヴァを落としたスキピオ。遂にハンニバルの牙城の一角を崩したことになります。しかし,ハンニバルに対抗することで人間性を喪っていくスキピオが悲しい。それを指摘したガイウスの諫言が素晴らしい。アッピウスやマルクスとは異なる親友としての立ち位置からスキピオを支え,時には諌めて欲しいものです。

〈ぎんぎつね〉
 まことの記憶に残る母・由子の想いが美しい。そして,その想いを眺め,覚えている神使としての銀太郎の姿も。由子の願いが確かにまことに受け継がれていることに安心します。物語は進まないけれど,こういう描写は本当に上手いです。
posted by 森山樹 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

購入記録(2016.01.23)

オニグンソウ もののがたり(1) 集英社 ¥555
オニグンソウ もののがたり(2) 集英社 ¥555
オニグンソウ もののがたり(3) 集英社 ¥555

週刊ヤングジャンプから月刊ウルトラジャンプに移籍した『もののがたり』をまとめ買い。
月刊ウルトラジャンプでの連載第1回目がかなり好みでした。
京都を舞台とした付喪神を題材とした作品のようです。
絵柄も可愛らしくて悪くありません。
一気に追いついて来月号からの本格連載を楽しみにしたいと思います。

〈2016年漫画購入覚書〉 計22冊
posted by 森山樹 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録