2016年01月13日

吉田秋生『海街diary(7)あの日の青空』

〈2016年漫画感想2冊目〉
吉田秋生『海街diary(7)あの日の青空』


 鎌倉を舞台に四姉妹それぞれの物語が織られる『海街diary』の第7巻です。幸,佳乃,千佳,すずと四者四様の恋模様が実に微笑ましい。不穏な気配が漂う予感もありますが,気の所為であると思いたいところ。苦しんだ人間には相応の幸せが訪れると信じたいものです。また,すずがサッカー特待生として静岡の高校への進学を決意したことで物語も大きな分岐点に差し掛かっているように感じます。新たな恋を始めた幸と佳乃,ネパールに旅立った店長の身を案じる千佳,朋章に憧れながらも風太の恋を育んでゆくすずとそれぞれの物語が愛おしい。特に幸と佳乃のふたりは大好きなので彼女たちの行く末には注目しています。一応はそれぞれに交際を始めたということになるのでしょうけれども。どちらも本質的には真面目で不器用な点があまりにも魅力的であります。一方で,これまでは傍観者といった趣の強かった千佳が今後は中心に位置して来そうな感じ。彼女の不安が的中しないことを祈るばかりであります。すずが気付いた千佳の異変も気になるところです。

 今巻には4話が収録されていますが,一番好きなのはやはり表題ともなっている「あの日の青空」でありましょう。佳乃と坂下課長の関係が一気に進展するのが嬉しい。漸くその過去を吐露した坂下課長の想いに苦しさを感じます。そんな坂下課長に寄り添う佳乃が美しかった。また,山猫亭のおっちゃんの激白も辛かった。誰もがみな重い過去を背負っています。でも,だからこそ,みなが幸せを掴んで欲しい。そう思って止みません。だからこそ,山猫亭のおっちゃんは坂下課長を不器用なやり方で背中を押したのでありましょう。また,山猫亭が四姉妹の交錯する場所となりつつあるのも興味深いです。久しぶりに朋章の動向が明らかになった「同じ月を見ている」も印象深い。朋章と風太,それぞれのすずに対する言葉が素敵でありました。朋章もまたこのような形でいいから登場して欲しいもの。鎌倉に戻ってくるようなことがあれば,佳乃とすずにとっては心穏やかではいられなくなるかもしれませんけれども。「パント女子と海日和」はコロッケパンの美味しそうな物語。湘南海岸で一歩足を進める幸とヤスの姿が心に残ります。「遠い雷鳴」での口づけの場面への関係の進展が大変楽しい。幸は苦しい不倫を経験してからの新たな恋愛だけに一番気になっています。意外に感情豊かな表情を見せるのが楽しいです。ヤスの保護者に見えるのは仕方がありませんけれども。

 登場人物の誰もが愛おしく感じる巻でありました。特に山猫亭のおっちゃんの悔恨からの坂下課長への檄とも取れる背中押しがたまらなく素敵。その坂下課長に寄り添う佳乃,ヤスの告白を受け入れた幸と物語の大きな転換が今後如何なる風に作用するのか楽しみでなりません。問題はやはりネパールへ旅立った店長を想う千佳と静岡の高校への進学を決意したすずのふたりかなあ。特に千佳は様々な意味で心配でなりません。この不穏な予感が的中しないことを祈るばかりです。漸く掴んだ楽しい鎌倉での日々から離れ,サッカーを選んだすずも気になるところ。四姉妹を始めとする登場人物の全てが相応の幸せを得ることを願います。

(小学館 2015年)

タグ:吉田秋生
posted by 森山樹 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想