2016年01月09日

2015年の反省と2016年の抱負

 読了数は136冊。2014年よりも大きく減少しています。購入数にそれ程の差異はない筈なので,単純に積読が増えたということでありましょう。このあたりは大きな反省点であります。惰性で購入している作品が目立ったように思えるのも改善したいところ。とは言え,読んだ漫画はいずれも概ね面白かったのは満足出来ます。感想は36冊しか書けなかったので,このあたりはもう少し何とかしたいですね。

 漫画雑誌は相変わらず月刊ウルトラジャンプ,月刊アフタヌーン,月刊@バンチを購読中。加えて,ハルタとネメシスといったところでしょうか。楽園を加えるかどうかを現在検討しています。特筆すべきは久正人の連載が一時的にとは言え,同時に3作品もあったということ。『ノブナガン』は完結しましたが,『ジャバウォッキー1914』は素直に楽しみであります。『エンバーミング』と『イエスタディをうたって』が完結したのも印象深い。特に『イエスタディをうたって』の期待通りながら,ほろ苦さを交えた終わり方が実に良かったです。

 2016年は漫画購入について一定の整理を目標とします。惰性で買っている漫画は手放すことも含めて検討。本当に読みたい漫画だけを残していく方針を定めたいと思います。その一方で新規作家の開拓は積極的に続けるつもり。また,感想も50冊以上書けるように頑張りたいと思います。いずれにせよ,面白い漫画との出逢いがあれば,それ以上に望むものはありません。

 なお,2015年のマイベストについては別記事を設けたいと思います。此方もなるべく近日中に掲載する予定です。
posted by 森山樹 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文