2016年01月24日

月刊@バンチ2016年3月号



〈軍靴のバルツァー〉
 士官学校にバルツァーが帰還。気球からの正確な情報支援が素敵です。制空権の重要性を感じさせられます。問題は此処から如何に反撃に講じるかということ。戻る場所を喪いつつあるバルツァーにとってバーゼルラントがその拠り所となるのかもしれません。その前に士官学校を狙う超巨大砲に如何に対処するかが見ものです。

〈猫とふたりの鎌倉手帖〉
 寒い鎌倉の秋の過ごし方。流行を気にしないふたりの生き方が美しい。膝の上に猫が乗って来ることこそが幸せであると言えます。

〈応天の門〉
 平安朝に大きな影響を与えた唐が物語に大きく関わる新たな物語が開始。紀長谷雄が中心となりそうなのが面白いです。そして,昭姫の過去も。昭姫が嘗て仕えていたのはやはり楊貴妃なのでありましょう。楊貴妃が阿倍仲麻呂に連れられて日本へ渡っていたという説を採用するのか興味深いです。

〈ブルーサーマル〉
 番外篇。雷に怯えるたまきが可愛い。というか,こんな部活は最高でありましょう。本篇が割と苦しい雰囲気を漂わせ始めているだけに,この番外篇が救いであります。

〈パパと親父のウチご飯〉
 今回はお弁当用の筑前煮。筑前煮は美味しくて大好きです。味が染みると冷めても美味しいのが素敵。それはともかく本篇の陶芸も楽しそうでしたが,晴海の側で大事件が勃発。いろいろな意味で激震が起こりそうです。あんまり心痛む方向に進んで欲しくはないんだけれどなあ。

〈ウロボロス〉
 公安の暗部を統べる赤鼻によって窮地に立たされた竜哉を救うべくイクオが登場。形勢逆転とはなりましたが,イクオは北川警視総監によって刺されており重傷の身。その身が案じられます。どちらも死んで欲しくないところ。一方でその北川警視総監は美月と対峙中。坊屋元警視総監から伝えられた秘密が遂に明かされるときが来ました。これが如何なる意味を示すのか楽しみです。

〈エリア51〉
 番外篇。例によって,やりたい放題。まあ,このようなお話が許される@バンチ誌の懐の広さというべきでしょうか。本篇のあの緊迫した状態での足踏みはちょっと辛いものがありますけれど。
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2016年01月23日

月刊ウルトラジャンプ2016年2月号



〈もののがたり〉
 新連載。というよりも,ミラクルジャンプからの移籍作品のようです。今回が初めてとなりますが,存外に雰囲気は悪くない。京都が舞台で付喪神が題材というのははっきり好み。既刊分も購入してしまいました。これから追いかけて行こうと思います。好みは勿論羽織であることは言うまでもありません。

〈Moira〉
 連載2回目。Sound Horizonの楽曲を漫画化するというのは面白い。物語としてはまだ始まっていませんけれども。ミーシャとエレフの双子の運命が織られるのでありましょうか。世界観としてはギリシア神話を思わせます。ちょっと追いかけてみたい作品です。

〈レディ&オールドマン〉
 ロブとシェリーの最初の依頼が終了。一応丸く収まったと言えるのかな。100年前の紳士と現代の少女の組み合わせの妙が素晴らしいです。ロブの背景は徐々に明かされていくのでありましょう。その不死の秘密が物語の主軸となるのかな。

〈PEACE MAKER〉
 コール・エマーソンとスティーブ・バケットの死闘開始。アトラ,ハイマンとの連戦の後だけに分が悪いのはコールの方でしょうか。しかし,手負いとは言ってもあのコールを圧倒するスティーブ・バケットの強さも圧巻。ホープの応援で息を吹き返したコールが如何に反撃に転じるかが楽しみ。ふたりの殺し合いの決着に期待せざるを得ません。

〈アド・アストラ〉
 カルタゴ・ノヴァを落としたスキピオ。遂にハンニバルの牙城の一角を崩したことになります。しかし,ハンニバルに対抗することで人間性を喪っていくスキピオが悲しい。それを指摘したガイウスの諫言が素晴らしい。アッピウスやマルクスとは異なる親友としての立ち位置からスキピオを支え,時には諌めて欲しいものです。

〈ぎんぎつね〉
 まことの記憶に残る母・由子の想いが美しい。そして,その想いを眺め,覚えている神使としての銀太郎の姿も。由子の願いが確かにまことに受け継がれていることに安心します。物語は進まないけれど,こういう描写は本当に上手いです。
posted by 森山樹 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

購入記録(2016.01.23)

オニグンソウ もののがたり(1) 集英社 ¥555
オニグンソウ もののがたり(2) 集英社 ¥555
オニグンソウ もののがたり(3) 集英社 ¥555

週刊ヤングジャンプから月刊ウルトラジャンプに移籍した『もののがたり』をまとめ買い。
月刊ウルトラジャンプでの連載第1回目がかなり好みでした。
京都を舞台とした付喪神を題材とした作品のようです。
絵柄も可愛らしくて悪くありません。
一気に追いついて来月号からの本格連載を楽しみにしたいと思います。

〈2016年漫画購入覚書〉 計22冊
posted by 森山樹 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2016年01月22日

購入記録(2016.01.22)

幸村誠 ヴィンランド・サガ(17) 講談社 ¥540
ヤマシタトモコ 花井沢町公民館便り(2) 講談社 ¥637
キムラダイスケ マージナル・オペレーション(5) 講談社 ¥540
落合さより ほいくの王さま(1) 講談社 ¥637

講談社の青年漫画系の発売日ということで4冊購入。
固まるときは固まるのですよね。
『ヴィンランド・サガ』は表紙がヒルダというのが嬉しい。
ほぼ一巻全てがヒルダの過去とトルフィンとの戦いです。
いつかは心からトルフィンを許せる日が来て欲しい。
『マージナル・オペレーション』は日本篇終了。
原作を読んでいないので先が楽しみです。
ソフィアと守和さんたちの加入が如何なる方向に進むのか楽しみ。
『ほいくの王さま』は『ぎんぎつね』の落合さよりの新作。
保育士が主人公というのは目新しい気がします。
如何なる世界を見せてくれるのか興味深いです。

〈2016年漫画購入覚書〉 計19冊
posted by 森山樹 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 小学館(35冊)
2位 集英社(28冊)
3位 講談社(25冊)
4位 秋田書店(17冊)
5位 白泉社(16冊)
6位 新潮社(15冊)
7位 徳間書店(13冊)
7位 エンターブレイン(13冊)
9位 芳文社(12冊)
10位 角川書店(10冊)

 2015年に購入した漫画を出版社別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。なお,個人的な趣味で角川書店とメディアワークス,エンターブレイン等は別枠で集計しています。

 上位3社は定番でありましょう。小学館が一番多かったのはちょっと意外。講談社の方が多いと思ったのだけれどなあ。集英社は或る程度予想済み。月刊ウルトラジャンプを購読している影響もあったかと思います。まあ,講談社は月刊アフタヌーンを買っているし,小学館は全く雑誌を買っていないのでいい加減な先入観ではありますけれども。4位の秋田書店は〈聖闘士星矢〉の影響に因るところが大きい。5位の白泉社はもう少し多いかと思っていました。6位の新潮社は如何にも自分らしいと思います。月刊@バンチは結構いい雑誌だと思うのですけれどね。もう少し人気が出てもいいのに。分けた所為もあって角川書店勢はやや順位が下になっています。その中でもエンターブレインが一番多いのが面白い。芳文社の意外な多さも自分らしいと思います。4コマ漫画の購入は少ないのですけれどね。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。上位3社の顔触れが変わることは,先ずないと思いますけれどね。やっぱり出版量が圧倒的に多いですから。
posted by 森山樹 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文