2016年01月31日

オニグンソウ『もののがたり(1)』

〈2016年漫画感想4冊目〉
オニグンソウ『もののがたり(3)』


 京都を舞台に人間と付喪神との関わりが描かれる『もののがたり』の第3巻です。ミラクルジャンプ誌からウルトラジャンプ誌への移籍を機に読むことにしました。物語としては人間と付喪神との絆,そして戦い,また人間同士の恋が描かれるということで盛りだくさん。特に独自の設定で描かれる付喪神の姿が興味深いです。特に主人公のひとりである長月ぼたんを護る6人の付喪神が婚礼調度というのが素敵。それぞれに個性的でありますが,中でも羽織と結が非常に良い。人間に非ざるものではありますけれども,その想いは人間と同じものでありましょう。また,ぼたんそのものに秘められた力は物語の主軸であるだけに今後も苦難に巻き込まれるのでありましょう。そのぼたんを如何に護るかが6人の付喪神“長月の婚礼調度”の使命であり,ぼたんを狙う付喪神を如何に倒すかがもうひとりの主人公である兵馬の目的となりましょう。ぼたんを狙う組織は現時点で既に付喪神集団“叢原火”,兵馬と同じく付喪神を祓う力を持つ塞眼京都守護“門守一派”,そして“長月の婚礼調度”と並ぶ京都三大付喪神“本庄の雅楽寮”が明かされています。如何なる戦いが展開されるのか,そしてぼたんと兵馬の行く末が楽しみであります。

 最新の3巻で描かれるのは門守一派を統べる門守大樹との戦いと叢原火の登場といったあたり。特に門守一派との戦いは見応えがありました。全般的に速度感が素晴らしい。かつて登場した薬研が姿を見せるのも嬉しいです。薬研の美人ぶりは羽織に匹敵するくらい。女性陣は誰もみな魅力的に思えます。それは門守大樹の娘である椿も同じこと。大樹との戦いでは傍観者に徹していましたが,彼女にも秘めたる想いがありそう。兵馬の双子の兄姉の仇である唐傘の付喪神を追っているということからも今後の物語で大きな役割を果たしそうです。兵馬と椿が追う唐傘の付喪神の正体も気になります。叢原火との関連性を疑うのは流石に早計かなあ。現時点で交戦中の刑具の付喪神も魅力的。一方で兵馬側は椿はともかく,残りは付喪神の結と煽,袿という5人組。特に煽と袿とは以前に戦った相手でもあり共闘が上手くいくかどうかに注目したいものです。軽薄な実力者という点で煽はかなり好みなのでこのまま兵馬の消極的な仲間としての位置に座って欲しいと思います。椿は大樹戦では全く見せなかったその実力を漸く明かしました。必ずしも所属する陣営が味方であるとは言い辛いものもありますが,かなり魅力的な人物なので敵対することがあって欲しくはありません。寧ろ,ぼたんの恋仇となりそうな気配も感じてしまいます。

 独特の設定に因る付喪神の戦いを描く作品ということ今後が楽しみです。互いを意識する兵馬とぼたんの初々しい様子も面白い。とは言え,やはり個人的には羽織と椿に尽きます。特に羽織の魅力は絶大なもの。長月の婚礼調度を事実上統べる形となっている彼女の力も注目したいもの。必ずしも戦闘要員というわけではないでしょうけれども,恐らくは怒らせると一番怖いように思います。何はともあれ,ぼたんに眠るマレビトの力を巡る戦いは始まったばかりです。この戦いの果てに如何なる帰結が待ち受けるのか大いに楽しみにしたいと思います。

(集英社 2015年)

posted by 森山樹 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2016年01月29日

購入記録(2016.01.29)

水谷フーカ この靴しりませんか? 白泉社 ¥842
高浜寛 ニュクスの角灯(1) リイド社 ¥1,077

『この靴しりませんか?』は完全版と銘打たれての再刊。
水谷フーカだから安心感があります。
百合風味の作品ということでいいのかなあ。
『ニュクスの角灯』は表紙買い。
19世紀ベル・エポックの雰囲気は憧れであります。
期待通りの面白さだと嬉しいなあ。
こういう勝負に出る悪癖は改めたいところです。

〈2016年漫画購入覚書〉 計28冊
posted by 森山樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2016年01月27日

月刊アフタヌーン2016年3月号



〈波よ聞いてくれ〉
 第2回目の生放送開始。音響技術が興味深い。加工猿と加工豚という名前は酷過ぎるけれど,扱いはもっと悪い気がします。しかし,声質を完全に変える音効ってすごいなあ。現実にもあるのだろうか。このあたりは門外漢なのでよく分かりません。ドラマを演じるミナレの心の声が楽しいです。

〈パラダイスレジデンス〉
 最終回。橘花第一寮を護る為の戦いは終了。ミンチン先生の切り札は素敵でしたが,それを出すまでもなく決着がついたというのが良かったです。理事長代理が単なる悪者だったのは不憫でしたけれども。何はともあれ,綺麗にまとまったのではないでしょうか。今春開始の次回作を楽しみにしたいと思います。

〈げんしけん二代目〉
 斑目と波戸のデート終了。割と突っ込んだ話になっているのが興味深い。此処から如何なる決断を斑目が下すのか楽しみ。きちんとした答えを期待したいものです。

〈おおきく振りかぶって〉
 中間テストの打ち上げに田島家で焼肉パーティ。10人+マネージャーの篠岡さんと応援団の浜田が参加しているのが嬉しい。田島兄の野球ルール解説が楽しいです。突き詰めると難しいですからね。そして,田島本人の意思が素晴らしく格好いい。やはりチームを代表する選手であると言えます。

〈宝石の国〉
 フォスの妙に躁的な状態が非常に怖い。何というか脆くて壊れそうな雰囲気を感じてなりません。一方で,黒のゴーストには新たにカンゴームという名前が付けられました。みんなでカンゴームと唱和するのが可愛いです。新たに生まれ変わった感のある二人が如何なる方向へと進むのか気になります。

〈マージナル・オペレーション〉
 シュワさんとの語らいは面白かったけれど,キシモトの再登場に一気に緊迫感が増します。現時点では敵か味方か不明ですけれど,敵対している可能性はかなり高く感じます。ソフィに迫られるアラタも不穏な伏線にしか思えません。タイでの戦いは有らぬ方向へと進んでいきそうな予感があります。

〈ヴィンランド・サガ〉
 トルフィンの傷も癒え,漸くノルウェーを出立することになりました。一度は預けられたカルリも結局は一緒に行くみたいで何より。そして,危険な同行者としてヒルドも加わります。その高い技術力と弩の腕前は大いに活躍してくれることでありましょう。一方でグズリーズを追うシグルドはバルト海で海賊と交戦中。再会ということになるのでしょうか。

〈解形民〉
 『もっけ』の熊倉隆敏の読み切り作品。前作『ネクログ』同様に中国伝奇が題材となっています。唐代の『酉陽雑俎』にある解形民の末裔が描かれるのは面白かった。やはりこの種の作品を描くと天下一品ですね。新作を準備中とのことなので期待したいと思います。
posted by 森山樹 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2016年01月26日

購入記録(2016.01.26)

いけだたかし 34歳無職さん(6) メディアファクトリー ¥771
いけだたかし 34歳無職さん(7) メディアファクトリー ¥771

憧れの生活を送る『34歳無職さん』を前巻と合わせて購入。
今の自分からは羨ましくて仕方がありません。
勿論,いろいろと悩まされることもあるのでしょうけれども。
それでも自由であるという,それだけで素敵であります。
こういう生活を送りたいと切に願います。

〈2016年漫画購入覚書〉 計26冊
posted by 森山樹 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2016年01月25日

購入記録(2016.01.25)

山田睦月 コランタン号の航海 フィドラーズ・グリーン(1) 新書館 ¥637
斎藤岬 警視庁抜刀課(1) 幻冬舎 ¥680

『コランタン号の航海 フィドラーズ・グリーン』はシリーズ最終章。
遂に舞台はインドに到達します。
19世紀の英国海軍を舞台とした物語が如何に帰結するか楽しみです。
『警視庁抜刀課』は斎藤岬の新作。
面白いといいのだけれどなあ。

〈2016年漫画購入覚書〉 計24冊
posted by 森山樹 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録