2015年12月04日

こざき亜衣『あさひなぐ(17)』

〈2015年漫画感想35冊目〉
こざき亜衣『あさひなぐ(17)』


 青春薙刀部漫画の第17巻。前巻から引き続く二ツ坂高校薙刀部内での部内戦が全て完了し,インターハイ予選が開始されます。野上えりから紺野さくらに部長の座は引き継がれ,また団体戦の選手として愛知薙が加わることになりました。新体制となっての二ツ坂高校薙刀部の活躍が楽しみでなりません。但し,薙を巡る騒動はほぼ全く未解決のまま。これは今後に尾を引くことになるのでしょう。母の教え子である藤が丘高校の新田桂香への異常な対抗心が吉と出るのか凶と出るのかは微妙なところです。勿論,東京予選では一堂寧々ら國陵高校の存在感も大きい。旭や将子の成長,薙の加入と二ツ坂高校も戦力を高めていますが,寒河江さんの戦術の劇的な変化もあり,一堂寧々に的林つぐみを擁する國陵高校も更なる強さを身に着けています。二ツ坂高校,國陵高校,藤が丘高校が団体戦の覇権を争うことになりそうです。一方の個人戦も楽しみ。旭と寧々が割合に近い場所にいるので早期の再戦も期待出来るかもしれません。逆に戦う前にどちらか,というか旭が破れる可能性も高いとは思いますけれども。いずれにせよ,宮路真春たちとともに挑む最後の夏の大会ということで二ツ坂高校の躍進を楽しみにしたいと思います。内紛はあったけれど,それを力に変えることは出来ると思いますから。

 冒頭の旭と将子の激戦が非常に熱かった。疲労の極致にありながらも,結果的には旭が勝利を収めましたが,将子との禍根を残さない爽やかな決着が印象的でありました。このふたりはもう大丈夫。しかし,旭が薙と並んで,真春に次ぐ順位になるとは初期には到底思えませんでした。此処のところの著しい成長が目覚ましいです。そして,薙の2位も素晴らしい。性格に問題は抱えていますが,その実力の高さは証明されました。二ツ坂高校では異質な存在として孤立しつつある彼女が如何に溶け込んでいくかが今後の焦点となりそうです。一方で國陵高校ではつぐみの苦労性ぶりに磨きがかかっている気がします。孤高を厭わない寧々とそれを容認する寒河江さんの狭間で苦しむ彼女が大層魅力的。そして,寧々の一番の理解者が彼女を見捨てた筈の寒河江さんというのが皮肉ではあります。互いに協力することで相乗的に強くなる二ツ坂高校と対立することで生じる相克が原因で強くなる國陵高校の対比が面白い。いずれにせよ,東京予選の決勝はこのふたつの高校で争われることになるのでしょう。その時が楽しみであります。勿論,その前には新田桂香を擁し,薙の母が率いる藤が丘高校との戦いが控えているわけでありますけれども。この戦いで薙の問題に一定の決着がつくことを望みます。

 相変わらず,心震え展開の連続がたまりません。一見いい加減ながらも,きちんと大人として子供を導くやす子先生が大変魅力的。部内戦が終わった後の感慨が心に響きました。いい人だ。そして,インターハイ予選では久しぶりに寿慶が登場。もうひとりの大人げない大人として如何なる役割を果たすのか楽しみです。彼女の不吉な予言というか期待も興味深い。旭と夏之の恋の行方も気になりますが,やはり個人的には薙刀だけで十分に思えるのも事実。いずれにせよ,目標である真春とともに戦える最後の大会に旭が如何に臨むのか楽しみにしたいと思います。
タグ:こざき亜衣
posted by 森山樹 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年12月02日

購入記録(2015.12.02)

キムラダイスケ マージナル・オペレーション(3) 講談社 ¥540
キムラダイスケ マージナル・オペレーション(4) 講談社 ¥540

結局,『マージナル・オペレーション』の既刊分を購入。
やっぱり面白いです。
特に日本篇で登場するイトウさんが素敵。
シャウイーと双璧かなあ。
これからはちょっと鬱な展開が続くらしいのが気がかりではあります。
とりあえず今後は連載も含めて追いかけたいと思います。

〈2015年漫画購入覚書〉 計202冊
posted by 森山樹 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年12月01日

2015年11月漫画読書記録

2015年11月に読んだ漫画は以下の通り。
空知英秋 『銀魂(61)』
神崎裕也 『ウロボロス(21)』
豊田悠 『パパと親父のウチご飯(3)』
大西巷一 『乙女戦争(5)』
久慈光久 『狼の口ヴォルフスムント(7)』
大島千春 『いぶり暮らし(3)』
大久保圭 『アルテ(4)』
宮本福助 『拝み屋横丁顛末記(24)』
こざき亜衣 『あさひなぐ(17)』
相田裕 『1518(1)(2)』

11月に読了した漫画は全部で11冊。
此処のところ,これくらいで安定している気がします。
本当はもう少し読みたいところではあるのですけれどね。
連載を追いかけている作品は後回しにしているのも要因かもしれません。
せめて15〜20冊くらいは読んでいきたいものです。
『1518』は積んでいた1巻から一気に最新巻まで読了。
やっぱり青春を描いた学園物は楽しいです。
ほろ苦さもあるのですが,それが痛みとならないのが素敵。
連載が不安定なのは残念ですが,年2冊が目途との言葉を信じたい。
今後の展開を大いに楽しみにしたいと思います。
『ウロボロス』は最終盤といった趣が強い。
金時計の男との直接対峙を経て二頭の龍の戦いが終焉を迎えようとしています。
如何なる形の決着となるのか期待したいもの。
後味の悪い終わり方になりそうなのが気がかりではあります。
『乙女戦争』と『狼の口』はともに中世欧州が舞台。
いずれも苛烈な描写がかなり精神的に辛いものがあります。
とは言え,歴史漫画としての面白さは抜群に素晴らしい。
特に『狼の口』はこの窮地から如何に反抗するのか楽しみでなりません。
森林三邦の独立を見届けたいと思います。
『あさひなぐ』は相変わらず心に響く物語が続きます。
旭の,薙の,寧々の,つぐみの,それぞれの群像劇といった感じ。
やす子先生がきちんと指導者をしているのも素敵です。
舞台はインターハイ東京都予選会へ。
新たな編成で臨む二ツ坂高校の活躍が楽しみでなりません。
posted by 森山樹 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録