2015年12月09日

購入記録(2015.12.09)

中島三千恒 軍靴のバルツァー(8) 新潮社 ¥596
cuvie ひとはけの虹(2) 講談社 ¥702

『軍靴のバルツァー』は緊迫した情勢が続きます。
バルツァーの教え子たちの奮闘は頼もしい。
とは言え,苛烈な籠城戦に疲弊が見えるのも事実。
気球で救援に向かったバルツァーの策が楽しみです。
『ひとはけの虹』は西洋絵画を題材とした歴史SF漫画。
時空を旅するラファエロの数奇な出逢いが楽しい。
ミレイやルーベンスらの登場も興味深いです。
歴史好きとしても美術好きとしても満足出来ます。

〈2015年漫画購入覚書〉 計207冊
posted by 森山樹 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年12月08日

購入記録(2015.12.08)

手代木史織 聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(14) 秋田書店 ¥453

『聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝』の最新巻です。
牡羊座シオンと時の神カイロスとの最終決戦が描かれます。
聖戦後の聖域が舞台というのが素直に好み。
ハスガードの後継者テネオが立派に黄金聖闘士をやっているのが素敵。
シオンの片腕として聖闘士の要となったのでありましょう。
また,鶴座ユズリハの外伝が収録されているのも嬉しい。
漸くの単行本収録ということになります。
引き続き,セージとハクレイが主役の外伝が描かれる模様。
前々聖戦の趨勢を楽しみにしたいと思います。

〈2015年漫画購入覚書〉 計205冊
posted by 森山樹 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年12月07日

2016年1月漫画購入予定

01.04 ゆでたまご 『キン肉マン(53)』 集英社
01.04 春河35 『文豪ストレイドッグス(9)』 角川書店
01.08 吉田秋生 『海街diary(7)あの日の青空』 小学館
01.08 木々津克久 『兄妹(5)』 秋田書店
01.09 君塚祥 『上海白蛇亭奇譚(2)』 新潮社
01.12 伊藤悠 『シュトヘル(12)』 小学館
01.12 小竹田貴弘 『ろくがく深海生物部(1)』 アーススター
01.13 橋本花鳥 『虫籠のカガステル(1)』 徳間書店
01.13 橋本花鳥 『虫籠のカガステル(2)』 徳間書店
01.15 もとなおこ 『アンと教授の歴史時計(1)』 秋田書店
01.18 椎名高志 『絶対可憐チルドレン(44)』 小学館
01.22 落合さゆり 『ほいくの王さま(1)』 講談社
01.22 幸村誠 『ヴィンランド・サガ(17)』 講談社
01.22 キムラダイスケ 『マージナル・オペレーション(5)』 講談社
01.22 ヤマシタトモコ 『花井沢町公民館便り(2)』 講談社
01.23 いけだたかし 『34歳無職さん(7)』 メディアファクトリー
01.23 斎藤岬 『警視庁抜刀課(1)』 幻冬舎
01.29 水谷フーカ 『この靴知りませんか?』 白泉社
01.下 山田睦月 『コランタン号の航海 フィラーズ・グリーン(1)』 新書館

楽しみな作品が多くて2016年の開幕に相応しい月になりそう。
先ずは『コランタン号の航海 フィラーズ・グリーン』の刊行に尽きます。
漸く〈コランタン号の航海〉の最終章が始まります。
あまりにも長く出なかったのでお蔵入りになってしまったかと思いました。
山田睦月は大好きな漫画家なので,もっといろいろ読みたいところです。
『海街diary』の新巻が刊行されるのも嬉しい。
映画を鑑賞して,改めてこの作品の魅力に捕らわれてしまっています。
四姉妹のそれぞれの物語が如何に展開するのか楽しみでなりません。
『ろくがく深海生物部』は小竹田貴弘の最新作。
『いかさま博覧亭』は残念ながら休止状態ですが,いつかは再開して欲しいもの。
今回の新作も小竹田貴弘らしさが存分に発揮されていることを期待します。
『キン肉マン』や『文豪ストレイドッグス』,『絶対可憐チルドレン』も待ち遠しい。
連載を追いかけていますが『ヴィンランド・サガ』もまとめて読みたいものです。
今巻はトルフィンへの復讐を掲げる女狩人ヒルドとの対峙が描かれる筈。
今後のトルフィンの贖罪の旅への指針ともなる物語に思えます。
何はともあれ,2016年も幸先は良さそうです。
posted by 森山樹 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

購入記録(2015.12.07)

むんこ らいか・デイズ(20) 芳文社 ¥669

『らいか・デイズ』も遂に20巻に到達。
相変わらず面白いのだけれども漂うマンネリズムは否めず。
まあ,それも含めて好きな作品ではあります。
財津先生の出番が少なかったのははっきりと不満。
蒔奈とか陽子とか悠美の出番が多かったのは嬉しいけれど。
マコがいい立ち位置になったのも面白いです。

〈2015年漫画購入覚書〉 計204冊
posted by 森山樹 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年12月05日

購入記録(2015.12.05)

麻生みこと そこをなんとか(11) 白泉社 ¥596

新米弁護士を主人公とする法曹漫画の第11巻。
まさか此処まで巻を重ねるとは思っていませんでした。
裁判を傍聴していると物語の材料には困らないだろうけれども。
登場人物の恋愛関係も割合に面白い。
如何なる決着があるのか楽しみです。
変に泥沼の方向には行って欲しくないのですけれどね。

〈2015年漫画購入覚書〉 計203冊
posted by 森山樹 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録