2015年11月21日

月刊ウルトラジャンプ2015年12月号



〈レディ&オールドマン〉
 連載二回目。この雰囲気が非常に好き。年長の男とお節介な娘という構図は大好物です。そして,シェリーの父の隠された過去が興味深い。サイドカーを使っての運び屋稼業が物語の主軸となっていくのかな。大いに楽しみであります。

〈ぎんぎつね〉
 連載再開。例大祭が終わって,それぞれの秋を迎えます。髪を切った船橋さんが至極魅力的。ボブカットに眼鏡は至福であります。母の命日を来週に控えて,まことの,というか冴木神社の過去の物語が更に語られることになるのかな。今後の展開が予想出来ません。

〈黒田さんと片桐さん〉
 最終話。まあ,いつも通りと言えば,いつも通り。劇的なことが起こるわけではありません。片桐さんが何も言わずに転職してしまったという井藤の嘘を真に受けて落ち込む黒田さんが実に可愛い。最後まで黒田さんは怒っていたという印象だなあ。そこがまたいいのだけれども。いつか,またふたりに出逢えると嬉しいです。

〈PEACE MAKER〉
 ハイマン・エルプトンとパン・ジェシンの物語の続き。コール・エマーソンを凌駕する可能性があるとパン・ジェシンに云わしめるハイマンの資質が素敵。思えば,この人も初登場から随分と印象が変わりました。それだけアクアタルカスを追われてから見た世界の実情に衝撃を受けたということなのでありましょう。コールには恐らく及ばないのだけど生き残って欲しいなあ。待っている人たちの元に帰りつくことを願ってやみません。

〈恋は光〉
 恋人の振りをすることになった西条と北代さん。今回も北代さんの魅力が大爆発しています。この不憫さが大好きなのだけれども,変わらない関係というのは苦しいよね。扉絵の人魚姫姿の北代さんも素敵でした。一方で東雲さんのほうも転機が訪れつつあります。心が苦しい展開にならないといいのだけれどなあ。

〈アド・アストラ〉
 執政官代理としてイベリア半島に赴くスキピオ。その副官としてガイウスとマルクスも控えます。とは言え,スキピオの副官だから相当苦労しそうな気はするけれど。彼の最初の狙いは父の仇であるハッシュ,と思わせておいて,その実はハンニバルの本拠地カルタゴ・ノヴァ。一日あれば落とせると豪語する彼の策が楽しみです。
posted by 森山樹 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想