2015年11月01日

2015年10月漫画読書記録

2015年10月に読んだ漫画は以下の通り。
ゆでたまご『キン肉マン(52)』
久正人『ジャバウォッキー1914(1)』
久正人『ノブナガン(6)』
灰原薬『応天の門(4)』
久正人『エリア51(11)』
村山慶『セントールの悩み(11)』
志水アキ『絡新婦の理(1)』
久織ちまき『聖闘士星矢セインティア翔(6)』
那州雪絵『超嗅覚探偵NEZ(2)』
菅野マナミ『ひまわりさん(6)』
高尾じんぐ『くーねるまるた(8)』

10月に読了した漫画は全部で11冊。
相変わらず低調気味。
積読ばかりが増えている印象があります。
精神的に鬱な状態が続いているのが原因のひとつかもしれません。
何とか早く立て直しを図りたいところではあります。
久正人作品が3冊刊行される,まさに“ひさまつり”でありました。
『ノブナガン』はこれが最終巻。
もうちょっと読みたかった気もしますが,綺麗に纏められたので満足。
事実上の打ち切りには近いものがあったみたいですけれどね。
浅尾さん絡みの物語の美しさが素晴らしかったです。
そして,これからは『ジャバウォッキー1914』に期待します。
前作で語られなかった物語を是非とも取り込んで欲しいものです。
『絡新婦の理』は京極夏彦の〈妖怪〉シリーズの漫画化最新作。
今作から講談社に出版社が変更となっています。
〈妖怪〉シリーズの中では最も好きな作品だけに期待は大きいです。
だいぶん長くなりそうな気はしますけれどね。
しかし,角川書店での前シリーズと版型は合わせて欲しかったです。
『超嗅覚探偵NEZ』は続きが出るとは思っていなかったので嬉しい。
那州雪絵らしい展開が大変に楽しいです。
新たに登場した瓜生警視正の悪質な魅力がたまりません。
朱里も好みなので是非とも今後も登場して欲しいものです。
次巻の刊行がいつになるのかは分かりませんが,楽しみに待っています。
『ひまわりさん』や『くーねるまるた』の安定感も素晴らしい。
特に『くーねるまるた』は盛岡を舞台とする旅行篇が楽しかったです。
今後も日本各地を旅して欲しいなあ。
いろいろな地方を堪能するマルタの姿が見たいものです。
posted by 森山樹 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画読書記録