2015年11月14日

神崎裕也『ウロボロス(21)』

〈2015年漫画感想33冊目〉
神崎裕也『ウロボロス(21)』


 大切な人を奪われた復讐に身を投じるふたりの龍の姿を描く『ウロボロス』の第21巻。龍崎イクオと段野竜哉の戦いも終局に近付いていますが,此処に来て続く怒濤の展開が凄まじい。復讐の対象である金時計の男の正体は北川貴一郎警視総監というのは既に明らかになっていますが,彼がイクオの実の父親であったというのも予想は出来ていたとは言え,やはり衝撃的であります。そして,舞台は北川警視総監が始球式を務める野球場へ。此処での対峙は緊張感がありますが,更に公安の策略により事態は混迷の一途を辿っています。物語が終焉へと突き進む中で球場に急ぐ日比野美月が坊屋元警視総監から預かった資料が何を意味するのかが今後の最大の焦点と言えるでしょう。北川警視総監が「まほろば」を作った事情も全てが明かされているわけではなく,また愛人であった結子先生を謀殺するに至った経緯も謎のまま。イクオと竜哉の運命と同時にこのあたりの事件の真相全てが明かされることに期待します。

 復讐を誓った相手が実の父親であると知ったイクオの動揺は想像に余りあります。このあたりの事情は小夏から情報を得た那智の追跡からも明らかになりつつありますが,現段階ではそれ程北川警視総監が大物の悪には思えないというのが難点。寧ろ,小物に感じてしまう部分もあります。更なる裏があってもおかしくはないのかなという印象です。新たに登場した警察庁の阿南警視監の不穏な存在感も気になります。まるで竜哉による北川警視総監襲撃を予測していたかのような掌握振りが素敵。恐らくは事前に状況を把握していたのでしょうけれども。となると,舞台は警視庁から更に警察庁まで広がる可能性があります。その場合には橘さんの回想に登場した美樹本警察庁長官が何らかの立ち位置を占めることなりそうです。また,阿南警視監の傍には蝶野警部の双子の弟が控えているというのも面白い。この場合は蝶野警部の立ち位置が存在感を増しそうです。それも踏まえての巻末のSIDE STORYだったのかなという気もしますが,それは流石に先走り過ぎな気がしないでもありません。球場で対峙するイクオと竜哉,北川警視総監,蝶野警部,公安の赤鼻。球場に急ぐ美月。警視庁内で指揮を執る阿南警視監。事態を見守る三島さんと阪東さん,橘さんに桐乃の姐さん。千葉で調査を続ける那智。関係者が散らばっているだけに,まだ一波乱ありそうな気がします。

 物語が最終局面にあることは間違っていないのですが,状況が二転三転する余地があることも考えられるのは興味深い。状況からしてもこのまますんなりと終わるとは思えないのですよね。鍵を握るのは坊屋元警視総監から美月に渡された資料でありましょうか。此処に来て登場した警察庁陣営も不穏な雰囲気を漂わせます。個人的にはやはり最後は此処までの物語に関わってきた全ての人物に登場して欲しいところであります。特に山城組の隼人あたりにはね。実父である北川警視総監に拳銃を突きつけたイクオの決断も気になるところ。是非とも結末まで全力で疾走することを期待します。
タグ:神崎裕也
posted by 森山樹 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年11月13日

購入記録(2015.11.13)

久慈光久 狼の口 ヴォルフスムント(7) エンターブレイン ¥463
冨明仁 ストラヴァガンツァ(3) エンターブレイン ¥670
冨明仁 ストラヴァガンツァ(4) エンターブレイン ¥670

『狼の口ヴォルフスムント』はモルガルテンの戦いから700周年の記念出版。
こういう諧謔は非常に好みであります。
物語はいよいよ最終局面に突入した段階。
とは言え,森林三邦が勝利する余地は見出せません。
此処から如何に活路を見出すのか楽しみです。
『ストラヴァガンツァ』は買い逃していた前巻とまとめて。
此方も事態は悪化する一方。
どうなることかなあ。

〈2015年漫画購入覚書〉 計186冊
posted by 森山樹 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年11月12日

購入記録(2015.11.12)

大西巷一 乙女戦争(5) 双葉社 ¥670
竹良実 辺獄のシュヴェスタ(2) 小学館 ¥596
乃木坂太郎 第3のギデオン(1) 小学館 ¥596

歴史趣味の漫画を3冊購入。
『乙女戦争』は相変わらず苛烈な戦いが続きます。
ヤン・ジシュカの非道っぷりは素敵なのだけれどね。
ガブリエラが遂に退場してしまったのが悲しいです。
『第3のギデオン』は表紙買い,というか帯買い。
フランス革命前夜を舞台とした物語のようです。
自分好みだと嬉しいなあ。

〈2015年漫画購入覚書〉 計183冊
posted by 森山樹 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年11月10日

購入記録(2015.11.10)

佐藤明機 リプライズ 駒草出版 ¥1,296

佐藤明機の初期作品集。
完全に情報を逃してたので店頭で発見出来たのは僥倖でした。
これだから書店巡りは止められません。
通信販売も便利なのは事実なのですけれどね。
やはりこういう出逢いは店頭でこそという気がします。
それはともかく佐藤明機の作品は大好きなので嬉しい。
じっくり読みたいと思います。

〈2015年漫画購入覚書〉 計180冊
posted by 森山樹 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年11月09日

購入記録(2015.11.09)

神崎裕也 ウロボロス(21) 新潮社 ¥605
豊田悠 パパと親父のウチご飯(3) 新潮社 ¥626
渡会けいじ 弁天ロックゆう。(1) 角川書店 ¥563
渡会けいじ 弁天ロックゆう。(2) 角川書店 ¥580

『ウロボロス』は遂に金時計の男との直接対峙。
物語が最高潮となっています。
如何なる帰結を迎えるのか楽しみ。
まだ,幾つか謎は残っているのですが明かされるのかなあ。
『パパと親父のウチごはん』は順調に面白い。
女性陣が大変魅力的で良いです。
あまり登場する機会はないのだけれどね。
『弁天ロックゆう。』は以前からに気になっていた作品。
新刊の刊行と同時に買ってみました。
面白いといいのだけれども。

〈2015年漫画購入覚書〉 計179冊
posted by 森山樹 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録