2015年10月22日

久正人『ジャバウォッキー1914(1)』

〈2015年漫画感想28冊目〉
久正人『ジャバウォッキー1914(1)』


 第一次世界大戦の時期を舞台に恐竜と人間との戦いを描く『ジャバウォッキー1914』の第1巻です。あの『ジャバウォッキー』がまさかの復活を遂げたというのが素直に嬉しい。齢を重ねてもリリー・アプリコットの魅力は健在。但し,現段階ではサバタは確認されていません。かつて,彼らが所属していたイフの城も現状では不明。リリーの言からは何らかの形で瓦解したことが推測されます。前作から20余年の間に起きた出来事が早く明かされて欲しいものです。というわけで,今作の主人公はリリーの子供とされるサモエドとシェルティの兄妹。兄のサモエドはオヴィラプトルであり,妹のシェルティは人間ということで,血の繋がりがあるのかどうかは確認されていません。“鉄馬の竜騎兵”を名乗るこのふたりと指揮官としてのリリーの活躍が物語の中心となりそうです。そして,勿論,『ジャバウォッキー』の最大の魅力であった奇想の世界史も健在であります。特に“@”に係る解釈が素晴らしい。リリー率いるアプリコット商会と対峙する殻の中の騎士団は前作に登場した有翼の蛇教団との関わりがあるのかも楽しみです。

 今巻では「#1フランス共和国ソンム1916年9月」と「#2中華民國青島1916年10月」の途中までが収録。題名が“1914”とされながら,舞台は1916年となっているあたりは秘密が隠されていそう。また,「#2中華民國青島1916年10月」にはあの嘉納治五郎が登場します。『ジャバウォッキー』にも見られた実在する人物或いは出来事との繋がりは本作でも楽しめそうです。何よりも,かつて,血まみれのリリーを救った人物ということで,空白の20年間を埋める意味でも重要な存在となりそう。この時にリリーが持っていた卵から孵化したのがサモエドということが示唆されていますので,様々な事情が想像されます。尤も,「#2中華民國青島1916年10月」はまだ途中ということで現在は音響兵器を駆使する敵と交戦中。人間に対して恐竜への恐れを増幅させる音を発動させて同士討ちを画策する難敵に如何に対抗するかが楽しみです。「#1フランス共和国ソンム1916年9月」は歴史上初めて戦線に投入された戦車が大きな役割を果たします。バイクへの二人乗りで敵を翻弄するサモエドとシェルティが魅力的。サモエドはサバタを踏襲する銃使いであり,シェルティは此処までのところを見る限りでは乗り物の操縦に天賦の才を有する少女ということみたいですね。種族は違っても兄妹仲は大変良いのが微笑ましい。完全にシェルティが主導権を握っているように思いますけれども。敵の攻撃で擦り剥いたシェルティを見て逆上するサモエドが印象的でした。シェルティは容姿も言動も大変に好みであります。

 『ジャバウォッキー』から踏襲される外連味のある物語が大変に魅力的。相変わらずの世界史との関わりも好みであります。勿論,前作同様に文学作品との繋がりも期待したいもの。現段階ではサバタの消息やイフの城の処遇,或いは有翼の蛇教団の現状など謎ばかりですが,徐々に明かされることを楽しみにしています。また,如何なる恐竜が登場するのかも本作のひとつでありましょう。現時点ではアンキロサウルスとスティラコサウルスと思われる恐竜が確認されています。人間と恐竜の共存と対立を巡る奇想の物語が如何なる展開を見せるのか,続巻を心待ちにしています。
タグ:久正人
posted by 森山樹 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想