2015年10月10日

購入記録(2015.10.10)

久正人 ノブナガン(6) 泰文堂 ¥702

『ノブナガン』最終巻は購入と同時に読了。
まあ,web連載でも読んでいるんですけれどね。
絶望から希望への遷移がたまらなく素敵。
浅尾さんが此処まで大きな存在になるとは思ってもみなかった。
しおと浅尾さんの本当の出逢いから再開までの流れの美しさは格別。
もう少し読みたかったけれど,此処まで綺麗に終わってしまうと満足です。
いや,本当に素晴らしい作品でありました。
感謝します。

〈2015年漫画購入覚書〉 計165冊
posted by 森山樹 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

高尾じんぐ『くーねるまるた(7)』

〈2015年漫画感想26冊目〉
高尾じんぐ『くーねるまるた(7)』


 東京在住ポルトガル女子マルタの楽しい日常を描く『くーねるまるた』の第7巻です。相変わらずの素敵な日常が実に羨ましい。こういう生活を送ることが出来れば幸せだろうなと思ってしまいます。とは言え,それはマルタの明るさに因るところが大きいのも事実。彼女の存在が周囲の人に笑顔と優しさを齎しているのだろうと感じます。何よりも物語の中で取り上げられる様々な食べ物が実に美味しそう。派手さはありませんが,創意工夫でどんなものでも美味しく作り上げてしまうマルタが素晴らしい。その性格とも相まって,まさに理想の女性ということも言えるでしょう。勿論,それは理想化された姿であるのは事実でありますが,等身大の女性として現実感があります。何時か,何処かで,このような女性と巡り合いたいものであります。因みに今巻では表紙で白無垢姿を披露しています。その姿が実に美しい。カラー扉の振袖姿もたまらなかったけれどね。マルタは着物が大変よく似合いますので,今後も是非披露して欲しいと思います。

 相変わらず,どのお話も素敵なものばかり。特に今巻は神永さんが中心となるお話が多くて嬉しかった。酒癖が悪くて,そそっかしい,けれども頼りになるお姉さんといった立ち位置の神永さんはマルタを除けば一番お気に入りの人物です。今巻では珍しくドレス姿も披露してくれます。思えば本来の職業は女医さんなんですよね。更にはアラビア風の露出の多い衣装も見せるなど,様々に楽しませてくれました。彼女の姪が登場する「叔母さんのアイス」は今巻で一番好きなお話かもしれません。小夜ちゃんにはいずれ再登場して欲しいものであります。また,大好きな山村暮鳥の詩『風景』を題材とした「いちめんの」も大好きなお話です。一面の菜の花を観ながら食べる菜の花のピクルス入り卵サンドイッチは美味しいことでありましょう。マルタのこの日本文学に対する素養の深さも魅力のひとつ。本来の専攻分野は都市計画学だったのですが,いつどこでこの日本文学に対する興味を得たのか気になります。恐らくまだその契機は描かれていない筈なので,いつかは知りたいものであります。なお,今巻は初めての企画として描き下ろし短篇「わたしのおとなりさん」が収録されています。これはマルタの隣人である美緒子を主人公とした掌篇。美緒子の可愛らしさがたまりません。そして隣人から見るマルタが振りまく幸せが印象的でありました。この企画は是非継続して欲しいもの。神永さんや由利絵から見たマルタの姿も描いて欲しいものであります。

 季節を感じさせる物語が多めの巻でありました。相変わらず,笑顔に溢れるお話ばかりで幸せを感じます。宮野さんや小夜ちゃんといった新たな登場人物もまたいつか姿を見せてくれることでありましょう。マルタの人間関係が広がっていくのも楽しいです。あの交流力が大変羨ましくてなりません。そして,今巻の最後でマルタは盛岡旅行へと旅立ちました。東京を離れての物語はこれが初めて。というか,マルタが日本に来て初めてのひとり旅というのは結構意外でした。何はともあれ,旅先でのマルタの行動が楽しみでなりません。盛岡は美味しいものも文学も満載の土地ですからね。期待したいと思います。
タグ:高尾じんぐ
posted by 森山樹 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年10月09日

購入記録(2015.10.09)

久正人 ジャバウォッキー1914(1) 講談社 ¥648
久正人 エリア51(11) 新潮社 ¥596
灰原薬 応天の門(4) 新潮社 ¥626
木々津克久 兄妹(4) 秋田書店 ¥463

久正人の新刊が大量に刊行は素直に嬉しい。
まあ,『ノブナガン』の最終巻は見つからなかったのですけれども。
『ジャバウォッキー1914』は『ジャバウォッキー』の続篇。
舞台は1914年ということで第一世界大戦の真っただ中ということになります。
未だに登場しないサバタの行方が気になります。
『エリア51』は表紙が相変わらず格好いい。
物語はいつも通りと言えばいつも通り。
そろそろ長篇が読みたいところではありますが。
『応天の門』は表紙の白梅が可愛い。
やや不穏さを増しつつある展開が気になるところではあります。

〈2015年漫画購入覚書〉 計164冊
posted by 森山樹 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年10月07日

ゆでたまご『キン肉マン(52)』

〈2015年漫画感想25冊目〉
ゆでたまご『キン肉マン(52)』


 許されざる世界樹を舞台に完璧超人始祖と正義超人,悪魔超人との戦いが描かれる『キン肉マン』の第52巻です。今巻の中心となっているのはバッファローマンとガンマンの激戦ですが,ともに圧倒的な膂力の持ち主故に迫力のある死闘が楽しめます。悪魔将軍が此処までも高くバッファローマンのことを買っていたというのは意外でありました。確かに魅力的な超人ではあるのですが,或る意味では悪魔将軍の後継に指名されたようなものですからね。尤も,現時点で悪魔超人側の戦力と言えるのはバッファローマンを除けば,最早サンシャインしか残っていないのですけれども。完璧無量大数軍のダルメシマンとジャック・チーのふたりを倒す大金星を挙げたブラックホールの再投入は流石に無いでしょうからね。ペンタゴン変身も含めて,もう一度その戦いを観たい超人ではあるのですけれども。盟友アシュラマンの死を受けてのサンシャインの今後の戦いも気になるところ。悪魔超人側の物語からも目が離せません。

 悪魔将軍の言を受けて覚醒したバッファローマンはガンマンを圧倒しました。とは言え,ガンマンも完璧超人始祖の名に恥じない強さを見せてくれたのが嬉しい。ストロング・ザ・武道こと超人閻魔に対する忠誠心も素敵でありました。彼の唯一の嘘が何であったのかは最早知る由もありませんが,恐らくはその真眼で超人閻魔の真実を覗いていたのではないかと推察されます。このあたりはいずれ明かされて欲しいもの。そして,この対決に続いてのラーメンマンとネメシスの戦いも注目したいものです。あのロビンマスクを沈めたネメシスは恐らくはラーメンマンも倒すことになる筈。その出自がキン肉王家にあることは予想の範疇にありましたが,キン肉マンの大叔父にあたる存在であることが明言されました。あまりの才能故に幽閉を余儀なくされた若き日のネメシスが如何に完璧超人の陣営に加わることになったのか楽しみです。最終的にはキン肉マンと戦うことになるのは当然でありましょう。或いはその際にはキン肉マン&悪魔将軍VS超人閻魔&ネメシスという布陣になるのかもしれませんけれども。尤も,その前にブロッケンJr.VSサイコマンとテリーマンVSジャスティスマンの戦いも残されています。どちらも完璧超人始祖が勝利する気はしますね。ジャスティスマンはやや迷いを感じるので負ける可能性も感じますけれども。流石にブロッケンJr.が勝利するのは厳しいのではないかなあ。

 様々な因縁が絡み合い,戦いだけでなく物語として非常に楽しいです。此処まで明確に超人史が描かれることになるとは思ってもいませんでした。現在のところ,各陣営の首領は戦況を見守っている状態ですが,早く彼らも戦いに参戦して欲しいものであります。また,キン肉大神殿に封じられているシルバーマンの動向も鍵を握りそう。シルバーマンはキン肉王家の開祖ということが明らかになったことで,キン肉マンと悪魔将軍も遠い血縁関係にあることが判明しました。このあたりは今後に影響を及ぼすことになるのかな。いずれにせよ,正義超人と悪魔超人,完璧超人の三つ巴の戦いの果てに何が待ち受けているのか楽しみでなりません。
タグ:ゆでたまご
posted by 森山樹 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年10月06日

2015年11月漫画購入予定

11.09 神崎裕也 『ウロボロス(21)』 新潮社
11.09 豊田悠 『パパと親父のウチご飯(3)』 新潮社
11.12 竹良実 『辺獄のシュヴェスタ(2)』 小学館
11.12 大西巷一 『乙女戦争(5)』 双葉社
11.14 久慈光久 『狼の口ヴォルフスムント(7)』 エンターブレイン
11.14 冨明仁 『ストラヴァガンツァ(4)』 エンターブレイン
11.14 森薫 『乙嫁語り(8)』 エンターブレイン
11.16 紫堂恭子 『呪われた男(2)』 秋田書店
11.19 夏達 『長歌行(7)』 集英社
11.19 nini 『黒田さんと片桐さん(2)』 集英社
11.20 市川春子 『宝石の国(5)』 講談社
11.20 大久保圭 『アルテ(4)』 徳間書店
11.20 大島千春 『いぶり暮らし(3)』 徳間書店
11.25 宮本福助 『拝み屋横丁顛末記(24)』 一迅社
11.25 伊吹ウタ 『現代魔女図鑑(4)』 一迅社
11.27 あずまきよひこ 『よつばと!(13)』 メディアワークス
11.30 こざき亜衣 『あさひなぐ(17)』 小学館
11.30 宮尾岳 『アオバ自転車店へようこそ!(13)』 少年画報社

実に久しぶりとなる『よつばと!』の新刊が嬉しい。
というか,連載を休止している印象しかなかったんだけれどなあ。
単行本にまとめられるくらいの掲載があったのですね。
いずれにせよ,楽しみではあります。
『辺獄のシュヴェスタ』,『乙女戦争』や『アルテ』は楽しみ。
他はだいたい連載を追いかけていますからねえ。
『呪われた男』はこれが最終巻とのこと。
紫堂恭子の連載は最近短いのが気になります。
一応は綺麗にまとまっているのではありますけれども。
佳境に入った『ウロボロス』も残すは後僅かということになりそう。
此方は連載の方も目を離せません。
まさか此処からの急展開ということはないと思うのだけど。
『あさひなぐ』も熱い物語が続いていて楽しいです。
『乙嫁語り』はパリヤさん篇に突入の筈。
いつもよりも赤面分が多くなることでありましょう。
posted by 森山樹 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定