2015年09月30日

購入記録(2015.09.30)

高尾じんぐ くーねるまるた(7) 小学館 ¥596
宮尾岳 アオバ自転車店へようこそ!(12) 少年画報社 ¥610

『くーねるまるた』は描き下ろしの掌篇の収録が嬉しい。
神永さんの出番も今巻は多くて満足です。
表紙の白無垢姿のマルタにもときめきますね。
来月も新刊が刊行されるみたい。
盛岡旅行篇は次巻に収録されるようです。
『アオバ自転車店へようこそ!』はまだ未読。
いつも通りの優しい雰囲気でありましょう。
安心して読むことが出来る作品です。

〈2015年漫画購入覚書〉 計159冊
posted by 森山樹 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

羽海野チカ『3月のライオン(11)』

〈2015年漫画感想24冊目〉
羽海野チカ『3月のライオン(11)』


 19歳の天才プロ棋士を主人公とした将棋を媒介とした青春漫画の第11巻。前巻から引き続く川本家の騒動が描かれます。あかりやひなたらの心を深く傷付けながらも一応は終結したということでいいのかしら。あかりたちの父が見せる清々しいまでの屑ぶりが吐き気を催す程でありました。此処まで憤りを感じる登場人物というのもそうはいない気がします。毅然とした対応,或いは単純に空気を読めないだけかもしれませんが,いずれにせよ零の存在が大きかったのは事実。また,あかりたちのおばさんの素敵なおばさんぶりが大変素敵でありました。空回りしている感もありますが,林田先生もいい味を出しています。大人たちがきちんとした大人の務めを果たすことであかりたちの父の屑ぶりが余計に際立ってしまうのも事実ではありますけれども。但し,彼の場当たり的で,しかし打算的な考え方は誰もが有しているもの。或る意味では彼に対する嫌悪感は同族に対する生理的なものに由来するのかもしれません。とは言え,あかりたちに告げた最後の残酷な一言は許し難いです。

 将棋の方では藤本雷堂棋竜との対局が面白かった。彼の放言は割と好きです。実力に裏付けられるが故の放言ですしね。但し,零は殆ど相手にしていないので,一方的に藤本棋竜が喋り倒すだけになってしまっていましたけれども。零を弄るのに夢中になって,龍馬を奪われる迂闊なところも楽しい。これで宗谷名人や柳原棋匠らと並ぶ実力者というのですから,たまりません。今後も折に触れて零の前に立ちはだかる厚い壁となってくるのでしょう。今巻ではあかりたちの父との対決が中心だったということもあって,将棋の対局は少なめ。個人的にはやはり将棋をもうちょっと多めに扱って欲しいものであります。本篇で二海堂の出番が全くなかったのも寂しいですしね。島田八段も扱い悪かったしなあ。まあ,川本家の騒動が一段落したことで,次巻は将棋の描写が多めになることでありましょう。零によるあかりさんの婿探しが本格化する予感もありますけれども。なお,今巻に収録の「ファイター」は零が幼少期から現在に至る迄を振り返る番外篇。彼にとって如何に将棋というものが大きな存在であったのかということがよく分かります。彼にとって将棋は人間関係とほぼ同意であるのですよね。孤独だった彼が将棋を通じて同じ方向を旅する仲間を得られたというのが本当に嬉しい。そして,恐らくは川本家の人たちは将棋を通じずに初めて触れ合えた人たちなのでありましょう。零が彼女たちを大切にするというのはよく分かります。

 相変わらず,心に静かに染入る物語でありました。特に今巻は本来自分の好みの範疇から外れるお話だったにも関わらず,きちんと読ませるのが素晴らしい。ただ,やはり個人的には将棋の対局を通じての相手との心の触れあいこそを望んでいます。というよりも,対局する棋士たちの内面に触れる描写が好きなのですよね。以前の柳原棋匠や土橋九段,或いは滑川七段などの物語が特に好き。零を永遠の好敵手と定める二海堂とのタイトル戦での対局もいつかは見たいもの。そして,再びの宗谷名人との戦いも。今後は将棋の対局を中心に描く方向に回帰して欲しいなあと思います。川本家との心の交流もそれはそれで楽しいのですけれどね。
タグ:羽海野チカ
posted by 森山樹 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想