2015年09月25日

月刊@バンチ2015年11月号



〈ブルーサーマル〉
 阪南館大学との交流戦開始。たまきに対して敵意を剥き出しにする姉の姿が印象的。このふたりの確執は今後の物語に影響を及ぼしそう。そのたまきを空間認識能力の天才と評する倉持とともにグライダー登場したたまき。しかし,その機体に異変発生。不穏な展開が続きます。

〈猫とふたりの鎌倉手帖〉
 ハツが入院することで動揺するふたりが可愛い。表情豊かな美穂子さんに和みます。物語としては殆どない作品ですが,猫たちとの生活を描くだけで面白いというのが素敵です。

〈パパと親父のウチご飯〉
 今回は茜が主役の事実上の番外篇。友達となった春風との交流が微笑ましい。茜は非常に好みの娘さんなのでもっと出番が増えて欲しいですね。割と千石と似ている部分が多いような気がします。愛梨たちが登場しない回は初めてかな。こういうお話も増えて欲しいです。

〈ウロボロス〉
 公安の策動により球場での混乱が拡大。北川警視総監を捕えたまま,球場からの離脱を試みるイクオと竜哉の前にも公安が立ちふさがります。北川が実父だという事実に動揺するイクオは銃を突き付けますが,どうなることか。一方で警察庁長官官房の阿南警視監が初登場。如何なる立ち位置を見せるのか楽しみです。

〈応天の門〉
 藤原基経の提言により宮中での魂鎮めの祭が開催されることに。基経の思惑が気になりますが,その祭を利用する為に策動する者も現れ,一筋縄では行きそうにもありません。応天門の変へと繋がっていくのかなあ。一方で昭姫の頼みを不承不承こなす道真の姿が印象的でした。如何なる形で巻き込まれるのか楽しみです。

〈STO:RAGE〉
 以前E-BITに来た神父の謎の自殺。そこに青葉の過去が絡んできそうなのが面白い。自殺の鍵となっている歌の正体が手掛かりとなりそう。隻眼の男の真意も未だに謎のまま。様々な形で謎が深まります。ストレイジに記録された官房長官を始めとする人物の共通点も気になるところ。加速度的に面白くなってきています。
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想