2015年09月11日

九井諒子『ダンジョン飯(2)』

〈2015年漫画感想19冊目〉
九井諒子『ダンジョン飯(2)』


 迷宮を舞台に魔物の生態と食への活用を描く『ダンジョン飯』の第2巻です。妹ファリンを救う為のライオスらの冒険は漸く迷宮の地下4階に到達。新たな場所で登場する新たな魔物たちの生態が実に楽しい。マルシルやチルチャックといった仲間たちの背景が少しずつ明かされていくのも興味深いです。そして,ライオスの異常性が更に高まっているように思えるのは気のせいか。基本的には人のいい戦士ではあるのですが,その魔物への執着は理解し難いものがあります。とは言え,ケルピーの際に見せた意外な慎重さは評価したいところ。マルシルは前巻で見せたポンコツぶりが影を潜めているのはちょっと残念。一方でチルチャックは貴重なつっこみ役としての地位を確立した気がします。このあたりの仲間内での立ち位置は明確になってきました。迷宮の住人としてのセンシもいい味を出しています。

 今巻で登場する魔物はゴーレム,オーク,宝虫,死霊,生ける絵画,ミミック,ケルピーなど。流石にその全てを食べるわけではありません。個人的にはゴーレムの生ける畑としての活用方が大変お気に入り。この種の発想が本作の真骨頂と言えるのでありましょう。迷宮の住人として,活用出来るものは何でも活用するセンシの生活にも逞しさを感じます。また,死霊退治で用いた聖水を使ってのアイスクリームは面白かった。センシが作る聖水の割合に適当な作り方かも含めて大好きです。ファリンに対するライオスの失言を受けてのマルシルとチルチャックの冷たい視線も楽しかった。地下4階は地下湖が舞台ということで水棲の魔物が多く登場しそうな気配です。その先鋒として登場のケルピーに対するライオスの危惧が真っ当なものだったことが意外でした。単に哺乳類系の魔物よりもそれ以外の魔物に対する執着心の方が強いだけかもしれませんけれども。未だに人食い植物の栽培に固執しているとは思いませんでした。そのケルピーは食用ではなく,馬油を利用しての石鹸作りというのが楽しい。此処に至って初めてマルシルが積極的に魔物を活用するという意味でも興味深いお話でした。この世界での魔法の在り方の一端が示されるというのも面白かった。

 相変わらず,自由な発想による魔物の生態が楽しいです。迷宮自体の謎は未だに見えて来ませんが,「宮廷料理」で扱われた絵画はこの迷宮の成り立ちと深く関わってきそうな気がします。特に全ての絵に登場するダークエルフの存在が気になるところ。そもそもの今回の冒険の発端であるファリンを食べたドラゴンは地下5階に居た筈なので,最早そのひとつ上の階に至ったということになります。ファリンを救うこと自体はそれ程遠い未来ではなさそうかな。ファリンを救った後は狂乱の魔術師によって作り上げられたこの迷宮の謎を解き明かす為に更なる冒険を続けて欲しいと思います。ファリンは僧侶ということで,貴重な回復役として,継戦能力も向上しますしね。いずれにせよ,大好きな作品ですので,末永く続いて欲しいものです。魔物好きとしてはたまらないものがあります。
posted by 森山樹 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年09月10日

購入記録(2015.09.10)

ヤマザキマリ プリニウス(3) 新潮社 ¥713
板倉梓 ガールメイキル(4) 双葉社 ¥670

『プリニウス』は1巻から積んだままになっています。
読めば面白いのは分かり切っているのですけれどね。
何というか,その気になれずにずっといます。
いずれはまとめて読みたいところです。
『ガールメイキル』は最終巻。
明らかに幸せな終わり方ではなさそうなのが辛い。
板倉梓はやっぱり明るくほのぼの系の作品がいいなあ。
『あかつきの教室』みたいな作品も好きなのですけれども。

〈2015年漫画購入覚書〉 計145冊
posted by 森山樹 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年09月09日

2015年10月漫画購入予定

10.03 ゆでたまご 『キン肉マン(52)』 集英社
10.08 木々津克久 『兄妹(4)』 秋田書店
10.09 灰原薬 『応天の門(4)』 新潮社
10.09 久正人 『エリア51(11)』 新潮社
10.09 久正人 『ジャバウォッキー1914(1)』 講談社
10.10 久正人 『ノブナガン(6)』 泰文堂
10.13 村山慶 『セントールの悩み(11)』 徳間書店
10.15 久慈光久 『狼の口ヴォルフスムント(7)』 エンターブレイン
10.16 志水アキ 『絡新婦の理(1)』 講談社
10.17 秋乃茉莉 『ワトソンの陰謀〜シャーロック・ホームズ異聞(2)〜』 ぶんか社
10.19 光永康則 『カコとニセ探偵(4)』 集英社
10.19 元町夏央 『南紀の台所(3)』 集英社
10.20 藤栄道彦 『コンシェルジュプラチナム(2)』 徳間書店
10.20 那州雪絵 『超嗅覚探偵NEZ(2)』 白泉社
10.20 久織ちまき 『聖闘士星矢セインティア翔(6)』 秋田書店
10.23 菅野マナミ 『ひまわりさん(6)』 メディアファクトリー
10.30 高尾じんぐ 『くーねるまるた(8)』 小学館

久正人の作品が三冊も刊行されるのは嬉しい。
『ノブナガン』はこれが最終巻ということになります。
その結末は連載で見届けましたが,終盤の展開には震えました。
そして,遂に『ジャバウォッキー1914』が刊行されます。
あの『ジャバウォッキー』の続篇として期待は大きい。
人間と恐竜の歴史が如何に紡がれるのか楽しみでなりません。
後は『セントールの悩み』,『くーねるまるた』,『ひまわりさん』の新刊も待ち遠しい。
『くーねるまるた』以外は連載を追いかけていないので猶更です。
『カコとニセ探偵』も今巻で完結する模様。
ちょっと食い足りない気はしますが,如何なる帰結を迎えるのか楽しみです。
勿論,『聖闘士星矢セインティア翔』の最新刊も期待しています。
再びの邪神エリスとの戦いの推移を見届けたいものであります。
質も量も十分に満足出来る月となりそうです。
posted by 森山樹 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2015年09月08日

長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー(4)』

〈2015年漫画感想18冊目〉
長蔵ヒロコ『ルドルフ・ターキー(4)』


 ゴンドランドの市長選を前に巨悪が蠢動を始めた『ルドルフ・ターキー』の第4巻です。今巻は事実上ルドルフ一味の強化作戦に費やされているというのが面白い。次期市長を狙うベンジャミン・ベアとの対決が苛烈さを増していく中で老兵たちの悪辣な手法によって強化されていくルドルフたちの成長が楽しいです。もともとが強いルドルフたちが更に実力を増すというのは今後の展開に期待が持てます。代わりにラパン姐さんの出番が少なくなってしまうのは仕方がないところか。尤も,その分は番外篇的な掌篇と描き下ろしで補充することが出来ますけれども。但し,ベンジャミン・ベアがそこまでの大物には思えないのも事実。その背後には更なる暗躍を企む存在がいるように感じます。そのあたりはペイル・パイソンが示唆する様にミスター・ゴンドランドという名前に秘密が隠されているのでありましょう。

 ギル・ゴートやパラキートら老兵たちの魅力が素晴らしい。特にギル・ゴートの冷静な悪辣ぶりが格好いいです。修業を終えて帰ってきたルドルフ,エグマリヌ,モモコの爆睡を見て微笑む姿がたまらなく好き。その計り知れない実力も含めて,今後もルドルフ陣営の要となりそうであります。ルドルフを諌めることが出来る存在というのもそう多くはないですしね。ヴェオ,ルドルフ&ペイル,モモコ,エグマリヌとそれぞれが余儀なくされた強化策も楽しかった。特にペイルとルドルフのグランド・キャニオンふたり旅は秀逸。或る意味でルドルフという存在を一番理解しているのはペイルなのだということがよく分かります。痛いところを突かれて反発しながらも最終的には彼の言を受け入れるルドルフのペイルへの信頼も素敵。パラキートに見せたふたり揃っての凶悪な笑顔が最高でありました。ヴェオは相変わらず頭は悪いけれど,その真っ直ぐな気性が素晴らしい。子供たちに人気があるというのもよく分かります。ベンジャミン・ベアの手先によって支配されようとした街を救う為に彼が思いついた策がたまりません。これも或る意味でルドルフへの友愛の証と言えるのでしょうか。モモコとエグマリヌはヴェオやペイルとは異なり,ルドルフへの忠誠心が自らを高める原動力となります。このふたりが如何に自らを高めたのかは楽しみ。特にエグマリヌは更に射撃の腕を上げたようですし,心強い戦力となりそうです。

 次巻ではいよいよルドルフ一味がベンジャミン・ベアとの直接対決に臨むことになります。ベンジャミン・ベアはルドルフよりも若年ですが,その実力は未知数。性格の悪さはルドルフと対等にも思えますが,ルドルフのほうが遥かに好感が持てるというのは不思議であります。この差が何に由来するものなのか知りたいもの。敵地での戦いということで不利が予想されますが,この状態で修業の成果が発揮されることを期待しています。そして,やや近付いたようにも思えるルドルフとラパン姐さんの関係が如何なる方向へ進むのかも楽しみ。個人的にはモモコの想いが届いて欲しいとも思いますけれども。いずれにせよ,次巻は大きな動きがありそう。楽しみにしています。
タグ:長蔵ヒロコ
posted by 森山樹 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年09月07日

購入記録(2015.09.07)

樹なつみ 一の食卓(2) 白泉社 ¥680
雨隠ギド 甘々と稲妻(5) 講談社 ¥540

『一の食卓』は新撰組を題材とした作品。
樹なつみはどちらかというと『ヴァムピール』を再開して欲しい。
書く気はあるのかなあ。
『甘々と稲妻』は安定して面白いのがお気に入り。
どちらも料理を題材とした作品という共通点があります。
最近妙に増えてきた気がしますけれどね。

〈2015年漫画購入覚書〉 計143冊
posted by 森山樹 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録