2015年08月24日

月刊@バンチ2015年10月号



〈ブルーサーマル〉
 阪南館大学との合宿開始。前話で触れられた美人主将はたまきの実姉ということが判明しました。ちょっと意外な展開ですが,ふたりの間の確執の真相が物語に影響を及ぼしそう。やや不穏な方向へと進みつつあります。

〈パパと親父のウチご飯〉
 亡き師匠に線香を上げる千石が格好いい。見た目は完全に堅気の人ではないけれども。自分を正道へ導いてくれた師匠に対する千石が熱いです。自分が一番美味しいと思っているものを食べさせてやりたいという想いがいいですね。ハンバーグを味わう愛梨と表情がそっくりで親子だなあと思いました。

〈軍靴のバルツァー〉
 バーゼルラントへ向かうバルツァーたち。鉄路での移動ということで,幾つもの関門を越えなければなりませんが,ディーターの父らの助力もあって何とか突破。しかし,首都間近というところで索敵警戒中のユルゲンに発見されてしまいます。ユルゲンがかつての師に如何なる対応を見せるか楽しみです。

〈ウロボロス〉
 明かされたイクオの出自の秘密。とはいうものの,以前に小夏が仄めかしていた時点で想定していたので然程の驚きはありませんでした。そして,北川警視総監子飼いの赤鼻の公安局員が再登場。役者が揃って,そろそろ大きな動きがありそうです。懸命に球場に向かう美月が持つ資料の正体も楽しみ。

〈応天の門〉
 悪夢に苛まされる伴善男を救った業平と道真。これで一先ずは関係修復ということになるのかな。過去から解き放たれた善男が今後自らの意志で進む道は不穏なものを感じます。応天門の変へと繋がるのでしょうね。一方で藤原基経が策動を開始。彼が奏上した霊鎮めの祭が今後の大きな焦点となってきそうです。

〈エリア51〉
 ターボばばあの暴走により多数の死傷者が出たエリア51。巻き込まれたはずの斉天大聖が一先ずは生き延びていたのは嬉しい。呪獣としての鵺を完成させるためにゼウスの雷霆を使用するというのは完全に予想の外にありました。その鵺の狙いはアマテラスの命。幾つかの話が一点に集約する感覚が楽しいです。如何なる決着を見るのか予断を許しません。
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想