2015年08月29日

こざき亜衣『あさひなぐ(16)』

〈2015年漫画感想16冊目〉
こざき亜衣『あさひなぐ(16)』


 薙の提案により始まった部内戦が描かれる『あさひなぐ』の第16巻。様々に交錯する人間関係が非常に興味深い。心が震える展開が続きます。特に二年生組の心の成長が著しくてたまりません。二ツ坂高校薙刀部は全部で9人ということで部内戦は36試合ということになりますが,因縁とも言える旭VS将子が最終戦に用意されているのが素敵です。他にも真春VS旭,えりVS薙といったあたりも見逃せないところ。薙の実力も漸く本領を発揮することになりました。その自信に相応しく,最終戦の結果を待たずして2位を確定させています。これからの二ツ坂高校になくてはならない戦力になるのでしょう。但し,折に触れて垣間見せる,心の闇が気がかり。闇というよりも,或いは心の弱さというべきなのかもしれません。一堂寧々とは異なった意味で部内を掻き乱す存在となりそうです。今後の鍵を握る存在であることに間違いはないでしょう。

 部内戦ではやはり真春と旭の対決が素晴らしかった。結果的には真春の完勝ということになりましたが,真春と試合が成立する程になったということ自体が旭の成長の証でありましょう。真春の追憶がどれも懐かしく,そして着実に旭が成長していることを感じさせます。旭は弱かったことなど一度もない,という真春の感慨は震えました。旭を最初から一番高く評価していたのが真春だったということを思い出します。そして,部内戦の契機となってしまったえりに部長を引き継ぐことを申し出たさくらの優しい性悪さもたまらなく美しい。旭や将子の成長の陰に隠れてはいますが,さくらの精神面での成長が素敵です。部内を強さではなく,広い視野の持ち主としてまとめて行くという存在は確かに必要ですし,さくらには適任でありましょう。責任感の強いえりが重荷のひとつをさくらに渡したことで如何なる変化を見せるのかも楽しみです。そして,自分の弱さを自覚し,それを踏まえた上で,相手を冷静に見られるようになった将子の成長も頼もしい。特に薙との対決では敗れはしましたが十分に見せ場を作ってくれました。実力的には二年生の3人の中でも最上位にあるだけに,この姿勢を貫ければ,再び主力のひとりとなることでしょう。或る意味では旭,さくら,将子の成長の契機となったのは薙だったのかもしれません。その薙が如何に成長を見せるのかも今後の楽しみとなります。

 波乱を生じさせた部内戦ですが結果的には丸く収まりそうな雰囲気が一安心。但し,薙を除けば,ということになりそうですが。いずれにせよ,これから始まるインターハイ予選は真春,旭,薙,将子,文乃を中心とすることになりそう。部長の座もえりからさくらに代わる筈なので部の体制も変化が生じることになります。一先ずは良い方向へと進んでくれることでありましょう。インターハイ予選で最大の障壁となる国領高校側も一堂寧々と寒河江さんとの関係が悪化しており,ともに内紛を抱えたままで戦いに臨むことになります。次巻からはインターハイ予選も開始する筈,楽しみです。
タグ:こざき亜衣
posted by 森山樹 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年08月28日

購入記録(2015.08.28)

こざき亜衣 あさひなぐ(16) 小学館 ¥596
ゆうきまさみ 白暮のクロニクル(1) 小学館 ¥596
ゆうきまさみ 白暮のクロニクル(2) 小学館 ¥596

『あさひなぐ』は部内での総当たり戦開始。
旭を称賛する真春の言葉が震えます。
さくらとえりの会話も素晴らしい。
全体的に二年生組の成長が著しく思えます。
部内を掻き乱す薙の今後はやや不穏ではありますけれども。
『白暮のクロニクル』は結局購入に踏み切りました。
ゆうきまさみの作品を読むのは久しぶりですね。
昔の趣向が感じられれば嬉しいなあ。

〈2015年漫画購入覚書〉 計140冊
posted by 森山樹 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年08月27日

月刊アフタヌーン2015年10月号



〈マージナル・オペレーション〉
 突如起こったテロ行為に見事に対処するアラタが格好いい。エルフっぽくなりたくてクロスボウの訓練を積んだと語るソフィの活躍も素敵でありました。ジブリールにランソンもアラタの指揮で本領発揮。指導者としてのアラタの資質がたまらないです。但し,この件により契約は解除となりました。イトウさんとの会話に緊張感が走ります。

〈パラダイスレジデンス〉
 初音の家にやってきた寿々花。バイクに乗ってのふたりでお出かけが楽しい。そして,寿々花の健康的な色気がたまりません。あれなら光でなくとも釘づけになるというものです。冒険の旅を楽しむふたりとは裏腹に寮には危機が迫っている模様。どうなることかしら。

〈おおきく振りかぶって〉
 田島家での自主練習。投球フォーム改造中の為,制球が定まらない三橋の欠点を即座に指摘する百枝コーチの眼力が素晴らしい。そして,野球に理解のある田島の家族が非常に素敵。特に母ちゃんがいいです。練習を終えた4人は百枝コーチの指導を仰ぐことになります。いろいろな理論が提示されるのは楽しいです。

〈げんしけん二代目〉
 更に続く日光での卒業旅行。今度の斑目の相手は恵子ということになりますが,彼女の魅力が大爆発しています。ほんまに素敵。そして,恵子が場を掻き乱すことで,事態は更に混迷を深めています。そろそろ決着ということになるのかなあ。個人的には恵子とアンジェラがやはり一押しであります。

〈波よ聞いてくれ〉
 元彼の光雄からのメールに復讐を企てるミナレさんがたまらなくいい。いきなり猟銃の買い方を検索するあたりが分かっている感があります。一方でマキエの事情も明らかに。此方は此方で厳しい境遇だなあ。中原が割にいい男だということが判明しました。そして,光雄との再会に臨むミナレの格好が素敵。麻藤さんの提案が気になるところです。

〈ヴィンランド・サガ〉
 ヒルドの父フラヴンケルを追い詰めるトルフィン。ヴァイキング時代のトルフィンは久しぶりですが,今のトルフィンと同じ人物には思えません。ヒルドがエイナルたちの言葉に耳を貸さないのも当然と言えるでしょう。何とか生き延びたヒルドはトルフィンへの復讐を胸に狩人となる道を選びます。ヒルドの運命が悲し過ぎます。幸せになって欲しいのですが,先ずはトルフィンとの対峙が如何なる帰結を迎えるのか注目したいところです。

〈天地明察〉
 陰陽頭である土御門泰福に弟子入りすることで改暦の儀への足掛かりを掴んだ春海。しかし,その前に大統暦を推す賀茂家が妨害工作を開始します。奏上された改暦に選ばれたのは春海の大和暦ではなく,その大統暦ということになりました。此処からの春海の残心が非常に楽しみです。

〈宝石の国〉
 自らを砕き月人を退ける金剛先生の秘密に悩むフォスフォライト。落ち込むベニトとそれを冷静に指摘するネプチュナイトの雰囲気に救われます。ゴーストが探し出してきた古い戦争日誌がくらげ育成日誌だったことに笑いました。ゴーストとラピスの関係も素敵だなあ。フォスフォライトが見出した新たな仕事に期待します。
posted by 森山樹 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年08月26日

秋★枝『恋は光(3)』

〈2015年漫画感想15冊目〉
秋★枝『恋は光(3)』


 ひとりの冴えない男を巡る3人の女性の恋物語を描く『恋は光』の第3巻。西条と宿木さんがはっきりと別れたことで再び振り出しに戻った感があります。大学は夏休みに突入したことでそれぞれがひとりになる時間が増えた所為か思索に耽る場面が多いのは印象的。自問自答を繰り返しながら少しずつ変わりゆく関係が眩しいです。西条がいうところの我視可視恋愛光線は扱いの度合いはこれまでよりもやや低くなっています。この光が何に由来するものなのかはいつか明らかにされるのかな。個人的には謎のままでもいいような気がしますが。いずれにしても,試験はともかくとしてアルバイトや海遊びなど如何にも大学生らしい夏の過ごし方に懐かしさと羨ましさを感じます。自分にも確かに有った筈の時間だからこその想いでありましょうか。

 現時点では物語を牽引しているのは宿木さん。人の想い人を奪うことしかこれまでしていなかった彼女の西条への想いが変わりゆくのが切ない。西条から別れを告げられた後の逡巡が大変に可愛らしいです。そして,そこから再び西条への想いを断ち切らずに,改めて彼を振り向かせるべく動き始める宿木さんは完全に恋する乙女でありましょう。一方で西条と宿木さんが付き合い始めたことに衝撃を受けた東雲さんは,それでも特に変わることはなく。とは言え,明確な西条への好意を自覚したことで,少しずつ積極性を発揮しています。問題は宿木さんに誘われて行った海で男性といるところを西条に目撃されてしまったということ。これ自体は宿木さんの作戦というわけではないのですが,より自体が混迷する方向へ進んでしまった感があります。西条自体も北代さんとふたりで海に来たところを見られたわけですしね。この誤解は後々まで尾を引きそうな気がします。その北代さんは相変わらず不憫過ぎてたまらなく可愛い。西条だけではなく宿木さんの相談や愚痴の相手も務めるなど,面倒見のいい性格が素敵です。西条との関係が恋人・家族・友人のどれにも当てはまらなくてもいいと自分を納得させる場面は今巻で一番好きでした。なお,北代さんの眼鏡姿が大変好みなので,今後も是非この姿を増やして欲しいものです。

 西条を取り巻く三人の女性がいずれも魅力的過ぎます。全員が不器用過ぎるのがたまらない。尤も,一番不器用なのはその西条だったりもするのですけれども。積極的に場を搔き回す宿木さんと戸惑いながらも少しずつ自分の想いを真摯に捉える東雲さん,そして一歩引いた立場からその関係を寂しく眺める北代さんといった構図が切ないです。個人的には断然北代さん派なのですが,此処に来て宿木さんの魅力が加速度的に高まった気がします。いずれにせよ,海の一件を経て,四人の関係はやや波乱含みのものとなりそう。この微妙な四角関係の行く末が楽しみであります。
タグ:秋★枝
posted by 森山樹 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想

2015年08月24日

月刊@バンチ2015年10月号



〈ブルーサーマル〉
 阪南館大学との合宿開始。前話で触れられた美人主将はたまきの実姉ということが判明しました。ちょっと意外な展開ですが,ふたりの間の確執の真相が物語に影響を及ぼしそう。やや不穏な方向へと進みつつあります。

〈パパと親父のウチご飯〉
 亡き師匠に線香を上げる千石が格好いい。見た目は完全に堅気の人ではないけれども。自分を正道へ導いてくれた師匠に対する千石が熱いです。自分が一番美味しいと思っているものを食べさせてやりたいという想いがいいですね。ハンバーグを味わう愛梨と表情がそっくりで親子だなあと思いました。

〈軍靴のバルツァー〉
 バーゼルラントへ向かうバルツァーたち。鉄路での移動ということで,幾つもの関門を越えなければなりませんが,ディーターの父らの助力もあって何とか突破。しかし,首都間近というところで索敵警戒中のユルゲンに発見されてしまいます。ユルゲンがかつての師に如何なる対応を見せるか楽しみです。

〈ウロボロス〉
 明かされたイクオの出自の秘密。とはいうものの,以前に小夏が仄めかしていた時点で想定していたので然程の驚きはありませんでした。そして,北川警視総監子飼いの赤鼻の公安局員が再登場。役者が揃って,そろそろ大きな動きがありそうです。懸命に球場に向かう美月が持つ資料の正体も楽しみ。

〈応天の門〉
 悪夢に苛まされる伴善男を救った業平と道真。これで一先ずは関係修復ということになるのかな。過去から解き放たれた善男が今後自らの意志で進む道は不穏なものを感じます。応天門の変へと繋がるのでしょうね。一方で藤原基経が策動を開始。彼が奏上した霊鎮めの祭が今後の大きな焦点となってきそうです。

〈エリア51〉
 ターボばばあの暴走により多数の死傷者が出たエリア51。巻き込まれたはずの斉天大聖が一先ずは生き延びていたのは嬉しい。呪獣としての鵺を完成させるためにゼウスの雷霆を使用するというのは完全に予想の外にありました。その鵺の狙いはアマテラスの命。幾つかの話が一点に集約する感覚が楽しいです。如何なる決着を見るのか予断を許しません。
タグ:@バンチ
posted by 森山樹 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想